「ドイツ主要メディアが567騒動の嘘を謝罪」「米CDC、PCR検査の取りやめを決定」

妄想屋の今日の一言

テステステス

こちら情報真理局テステス!
連日の567感染者が蔓延中・蔓延中!テステス
直ちにワクワクティンティンをうちなさい!テステス

連日の567の最多報道で耳を塞ぎたくなるのではないでしょうか?

このブログで何度も取り上げていますが、
最多になる理由は検査を増やしているからです。

風邪のウイルスでもインフルエンザでもPCR検査は、陽性反応が出るいい加減ものでした。

それを4・5波と煽って報道しているだけなのでした。
情報をネット中心に仕入れている人がふえているので、今年中にPCR検査を中止するのでした。

米CDC、PCR検査の取りやめを決定 新たな検査法を推奨

2021年8月3日 09時17分

米疾病管理予防センター(CDC)は7月21日、新型コロナウイルス(中共ウイルス)について、「PCR検査を推奨しない」とする新たなガイドラインを発表した。今後は新型コロナウイルスとインフルエンザを区別できる「マルチプレックスアッセイ」という検査法を推奨するとしている。

PCR検査を巡っては、その正確性を疑問視する声もあった。ウイルスの検出に必要なサイクル数(Ct値)に国際的な標準はなく、値が高ければウイルスが少なくても陽性と診断されるからだ。また、死んだウイルスの断片と生きた感染性ウイルスを区別できない場合もあり、偽陽性のリスクが高まるという懸念もあった。

CDCは昨年11月、PCR検査の基準値について、「患者のウイルス量や感染力、隔離期間を判断するために使用すべきではない」と説明している。

そんなの嘘よ!国やテレビの情報が嘘つくわけがない!
そう思っているあなた!
WHOも言葉を濁しながら、同じことを言っています。

WHOもPCR検査は診断の補助

世界保健機関(WHO)も今年1月20日に、新型コロナウイルスの診断についてはPCR検査と並行して患者の既往歴や疫学的な危険因子も考慮すべきであると伝え、「ほとんどのPCR検査は診断の補助である」とするガイドラインを発表している。

米CDCは新たな検査法「マルチプレックスアッセイ」について、感染症の急性期にある人から採取した「上気道または下気道の検体から、SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)、インフルエンザウイルスA型、B型のRNAを検出し、識別できる」と説明している。

米CDCは2021年12月31日以降、PCR検査の「緊急使用許可申請」を取り下げ、マルチプレックスアッセイを含む新たな検査法に移行するとしている。

根拠が曖昧だったので今年で中止します!テステス
目標は達しいたしました!テステス

世界人口の15%が接種済みで、
日本は32%が2回目を摂取し終えました。

1回目に関しては9830万人と出ています。人口の8割が接種済みなのか?
本当なのか疑いたくなるレベルです。

ある程度摂取して目標達成したので、「PCR詐欺」や「567騒動の虚偽に謝罪」をしてネットで情報を知り得ている人たちを鎮圧・鎮火中です。

2021年8月2日、ドイツ主要メディアが新聞社「bild」も567騒動の虚偽があったことを謝罪しました。

GoritanJapan

100万人のこの国の子供たちの為に、私達の社会は責任があります。
我々の政府や首相は、真実を話す勇気がないのだと言わざるを得ない。
私達をどうか許してください。
この1年半もの間、皆さんを犠牲にした政策を続けてきたことをお許しください。
政治とメディアが皆さんをこの暴力と孤立、精神的孤立の犠牲者にしてしまったこと、そうなるように加担してしまったことを謝罪します。
私達の日常は、まるで刑務所の中にいるような、この社会は危険であるかのような印象を植え付けようとしました。
しかし、あなたは全く危険ではありませんし、この嘘を信じないでください。

参考:動画より一部抜粋

しかし、実際は、この世の5割が完全な遺伝子組み換え人間になりつつあるのでした。
オリンピックも終わり、日本もある程度の及第点がもらえて喜んでいる都知事がいることでしょう。

目標達成したので、567演出はこれにて、一件落着です。
今年から来年にかけて、次なる目標達成(戦争・水不足・経済崩壊・自然災害・食糧危機などなど)に着手することでしょう。

ビックブラザーがあなたのことをずっとみているよ!テステス

今はその目標達成のプランニングを急速に進められているのかもしれません。

生かしていただいて有難う御座います。

タイトルとURLをコピーしました