【ニュース】「デンマーク567対策廃止」と「トヨタの生産4割廃止」はつながっている

世界情勢

ニュースの意図がよくわかるようになる。情報提供コーナーです。

まずは、ワクワクティンティンの情報から見ていきます。接種の目標が達成された上で、
国を国民が見張っているデンマークは、567対策を廃止するのでした。
ヨーロッパ諸国では、国民からの圧力が強くて抑え込めなくなってきています。

デンマークはすべてのコロナ対策を廃止します

デンマークはすべてのコロナ対策を廃止します

デンマーク議会は最近、コペンハーゲンですべてのコロナ対策を10月1日から終了することを決定しました。したがって、マスク要件はなくなり、テスト体制は廃止されます。そうすれば、デンマーク人は、ワクチン接種されているかワクチン接種を受けていないか、または検査で陽性か陰性かを示す証拠を提供する必要がなくなります。

RT Deutschによると、デンマークで発生率が増加していることを考慮して、すべてのコロナ対策が解除されています 。7月の初めから、この値は31から107,2に上昇しました(8月8日現在)。同時に、このコロナ指標の上限が大幅に上昇しました。

同時に、 発生率の制限 が大幅に増加します。7日以内に300人から500人の感染者のコミュニティ、500人から1000人の地区。ただし、Covid-19患者の数が増えても過負荷にならないことが前提条件です。医療制度。

デンマークのSSI感染症局は、国内で集団免疫を達成するためにワクチン接種に依存しなくなったと述べました。SSIのアカデミックディレクター代理を務めるTyraGrove Krause氏は、今年の夏の終わりに人々が職場や学校に戻った後、新たな感染の波が予想されると述べたが、それは警戒すべきではない。「それはインフルエンザをより彷彿とさせるでしょう」とクラウスは言いました。

全体として、現在のワクチン接種率は、デンマークの完全ワクチン接種者の58.4パーセントをわずかに下回っています。ドイツでは、この値はわずかに低く54.5%(8月8日現在)ですが、ワクチン支持者は、ワクチン未接種者に対する恐怖心と圧力に固執しています。

一方、チロルの弁護士であるRenate Holzeisen博士は 、すべての雇用主が「明らかに、それに関連する広範囲にわたる 法的影響にさえ気づいていない」ため、予防接種の圧力や強制的な予防接種を控えることを強く推奨しました。

EMAと欧州委員会の公式承認文書によると、いわゆるCovid-19ワクチンは、SARS-COV-2ウイルスの感染を予防するために開発および承認されたのではなく、病気の重症経過は、この理由だけで条件付きで承認された、とホルツァイセンは強調した。

したがって、公式の承認文書は、これらの物質で治療された人々が感染して感染する可能性があるため、これらの物質が感染の連鎖を妨げることはできないことを示しています。実践はまた、完全に「ワクチン接種された」人々がウイルスに感染し、とりわけCDCが認めているように「ワクチン接種されていない人々」と同じウイルス量を持っていることを証明しています。したがって、Covid-19の「強制ワクチン接種」には実際には正当性が欠けていることは明らかです。

したがって、道徳的圧力(隣人との連帯の主張)を含むすべての圧力は、公式の承認文書に基づく刑法および責任法の観点から違法です。

「会社法について助言する弁護士として、私はすべての雇用主がCovid-19ワクチン接種の圧力や強制ワクチン接種に近づかないことを強くお勧めします。なぜなら、彼らのほとんどは明らかにそれに関連する広範囲にわたる法的影響にさえ気づいていないからです」と彼女は言いました。 。

ブルームバーグ経由の画像。Free WestMediaからクロスポストされた記事。

ちゃんとしたメディアなのですが、日本で報道されるとこうなります。

マスクから解放されたコペンハーゲン・コレクション 来場者は鮮やかな色柄でリアルイベントを楽しむ

PHOTO : ADAM KATZ SINDING

PHOTO : ADAM KATZ SINDING

2022年春夏シーズンのコペンハーゲン・ファッション・ウイークが8月10~12日に開催され、参加38ブランドのうち、25ブランドがリアルのショーを行った。デジタル発表のブランドも旗艦店内での上映やディナー会を開くなど、リアルのイベントが満載だった。デンマークへの入国には、ワクチン接種済みもしくは過去1年以内に陽性結果だったという証明が“コロナパスポート”として認められている(一部、感染者数の多い国からの渡航者には追加の証明書や隔離期間が必要)。来場者の大半は近隣のスカンジナビア諸国で、ヨーロッパやイギリス、アメリカのジャーナリストらの姿もあった。屋外屋内問わずマスク着用の義務は解除されており、各会場でも街中でもマスク着用者はほぼ見かけなかった。

とりあえず、デンマークは、総人口の75%近くが接種しおえて、58%は、完全に接種済みなので、ある程度好きにやっていいと許可が出たのでした。


そして、廃止の条件は「ワクワクティンティン接種率」もう一つ「今後の引き金になりそうな戦から遠い国」は大きな計画に支障がでないので許可がでそうです。

ヨーロッパでも、茶番劇に対して大規模なイベントがおこなわれていても、
「今後の戦に関わりそうな国」は、反対にパスポート化して、強化をしているのでした。

それでは、日本は今後「戦」に関わりそうなくになのでしょうか?
日本のニュースを見るとあいもかわらず同じニュースばかり、、、

みんな演技が上手いんだから

https://twitter.com/search?q=
緊急宣言&src=trend_click&pt=1428470142892085251&vertical=trends

いつまでも、重い腰の人たちがかわけるわけがありません。あわい期待するのではなく、自分たちで思考してアプローチをしないと巻き込まれて苦しくなる一方です。
自分の思考を変えて行動することしかできません。
日本は、この状況だと今後の「戦」になんらかの形で巻き込まれていきます。

真実に近い陰謀も多くあり情報がわかりにくですが、その多くがヨーロッパ側です。それをやると都合のいい団体があると言うことです。

ようするに、中の国が仕掛けて都合よく印象操作をしています。中の国は「客家」さんです。陰謀でも数少ない情報でしょう。なぜなら、真実や知られてくないことは消すからです。

だから今でも知られてこなかったのです。

どちらの権力にしても、地図の引き直しを企てて様々な問題を引き起こし最後は、超管理社会をしようとしていきます。

情報戦では中の国が一歩リードに思えますが、経済的に追い込んで長期戦に持ち込もうとしています。日本の時と同じです。

トヨタの半導体不足が大きく経済封鎖を本格的に示しています。

半導体は、中の国の輸入に頼っていたため頼らずに生産する方向性に舵を切りました。

中国の半導体「紫光集団」に破産申し立ての深刻

 

資金ショートの泥沼に陥っている中国の国有半導体大手の紫光集団は、債権者から破産・再編を申し立てられた。写真は上海の展示会に出展した同社ブース(紫光集団のウェブサイトより)

資金ショートの泥沼に陥っている中国の国有半導体大手の紫光集団。債権者である徽商銀行が7月8日、北京市第1中級人民法院(地方裁判所)に対して同社の破産・再編を申し立てたことが、翌日付の紫光集団の投資家向け情報開示で明らかになった。

開示によれば、徽商銀行は裁判所への申し立ての理由として、紫光集団は期日までの債務返済が不可能であること、債務総額に対して保有資産が大幅に少なく返済能力不足が明らかであること、業務のリストラを通じて経営再建の可能性があること、などを挙げた。

紫光集団は昨秋以降、すでに複数回の債務不履行(デフォルト)を起こしていた。最初のデフォルトは2020年11月16日、同社の社債「17紫光PPN005」を期日通りに償還できなかった。同年12月10日には、別の社債「18紫光04」の金利を支払えないと発表。同じ日に、傘下の紫光国際が海外で発行した社債もデフォルトしたことが明らかになった(詳細は、『中国の半導体大手「紫光集団」が破産の崖っ縁』を参照)。

トヨタが受注を取りやめたので、中の国の企業は、破綻仕掛けているのです。
よく中の国に制裁だとか言うコメントを見ますが、制裁をすると自分たちにもデメリットがあることを理解していないのでしょう。メリットがありデメリットもあります。

そんな中の国は、強気のアピールです。

こうやって戦い合っても、私たち一国民は権力争いに巻き込まれるだけです。

なにも私たちの生活に関係ないように思うかもしれませんが、それは間違いです。
日本の経済を支えているのは、トヨタと言っても過言ではありません。
経済は、一気に冷え込むので、自分たちで備えることが大切です。
あらかじめわかっていたら怖くもなんともありません。

自分のできることを創造していけばいいのです。

生かしていただいて 有難う御座います。

タイトルとURLをコピーしました