【創造古書②】今後の「お金」や「人生」に必要な価値観!

健康

今日は、「創造古書②」ということで、
「第2次世界大戦」と「第1次世界大戦」から読み解き日本の起きそうな問題を
予め、答えを出そうという「未来の予想」をして答えを出すということをしていきます。

それでは、心理的な持って生き方を書いていきます。

80歳のお兄さんは、年金に対して国に怒り出す。
私は、一生懸命勤めてきたのに、、
「全然生活が良くならないじゃないか?」

若い人も年金高すぎて払えなくなり、失業をします。
そして、国に怒り出します。
「こんな安月給で生活できないぞ、国会議員だけ高級で」となります。

国民年金保険料の改定推移【月額の定額保険料の金額】

国は、誰のせいにするのか?
中国のせいにします。
そして、中国との戦争で人を雇用するようになります。

とはいうものの今回は「デジタル庁」でしょう。
デジタルシフトチェンジをします。

こうしてできあがった構造は、
中国 VS NATO軍(日本)になります。

超高齢化だから、そのあとの言葉は、なにが思い描きますか?
超高齢社会だから、「日本に未来がない」
超高齢社会だから、「GDPも停滞して当たり前だ」

こんなふうに思っていませんか?
年だけ取って成年期を脱することができていないのです。
日本の精神的問題です。
物質社会に浸りすぎて「心の目」が盲目になっているのです。

成年期

25~50、60才ごろまで : 生殖性と停滞 育てる喜び

 「四十にして惑わず」なんて言葉がありますが、この時期は、社会の中の安定した自分の居場所を見つける時期です。ただ、安定とは、言葉を変えると「停滞」にもなります。

不安定だったが夢と可能性にあふれていた若い時期は過ぎ、自分の将来が見えてしまいます。うっかりすると、希望のない中年になってしまうわけです。 

 しかし、何かを育てる喜びを見つけられた人は違います。生殖性とは、自分の子供を産み育てることだけではなくて、子供がいなても、後輩や部下や会社や地域社会や芸術作品や、何でも、次の世代へつながるものを育てることです。

 自分にだけ目を向けるのではなく、他者に関心を向け、世話をし、会社の発展や芸術の発展に貢献する。それを通して、より良い社会づくりの手伝いをしていると感じられる人は、停滞を乗り越えて生殖性(生み育てる)喜びを身につけることができるのです。

さあ、ここで先にわかってくるので、何も「恐れる」ことはありません。
今の幸せを見つけていればいいのです。

この「プランニング」相手のことがわかっていると何も怖くないのです。
なぜかというと、
「戦争に行く人」「手足の人が誰もいなくなったら」どうなるでしょうか?
建物を建てるのに「職人さん」がいなくなったり、運人がいなくなったらどうなりますか?
そう何も出来上がらないのです。
各々できることをその場でやるようになったら、なにも成り立たないシステムなのです。

勝手に自分の頭の中で
「お金がないと生きていけない」とか
「勉強しないと生きていけない」とか
「自分だけ金持ちになろう」とか思い込んでいるのです。

あなたがお金を払ったから、ご飯が食べれるのでしょうか?
誰かが農業をしてご飯が食べれるのです。お金やスマホが食べることができますか?

協力し合えばなにも「恐れる」ことはありません。

20歳でも80歳でもまだ、生きてやれることがあるなんて幸福ではないでしょうか?
日本は、超高齢化社会だから「文殊の智慧」があるといいましょう。
夢がないのであれば、夢を造ればいい。
夢も人間が作っているのだから。
消極的な言葉ばっか並べていつから「心の目」をあなたは盲目にしましたか?

私もまだまだ欠点もありますし、数多くの過ちをします。
その都度・その都度修正はします。
完璧でないですが、それでも「私の人生」も「あなたの人生」も素晴らしいものになればとおもっています。

生かしていただいてありがとう御座います。

タイトルとURLをコピーしました