【宇宙人のオリオン座のグループ、レプティリアン・ドラコレプレリアン、人型爬虫類、グレイ、グレイ型爬虫類②】

妄想屋の今日の一言

さてさて、宇宙人の情報を現代に
合わせていきます。名付けて「ピックアップ現代」

今日は宇宙人(爬虫類オリオン座系)の企て?
「人工知能と人間の頭脳の融合」と「DNA遺伝子組み替え」
という妄想に焦点を合わせます。

エイリアン オリオン座のグループ レプテリアン ドラコ AI ディープステート

  • アメリカのインサイダー情報ではレプテリアンの解剖を行った際レプテリアンにナノチップが確認
  • ブラックホールに似っているところから人工知能による信号が送られている
  • エリート層に思考形態を受け付けることで、トランスヒューマニズム、人工知能と人間の頭脳の融合を受け入れさせています。
  • イーロン・マスクは既に人工知能を搭載するチップの開発脳に接続可能なチップ
  • 遺伝子的な操作も行ってきました。

先日紹介した中で、今日は「ナノテクノロジーで奴隷化しよう」
とする計画があるようです。

「人工知能は数十億年前のものです」

科学界がハーバード宇宙物理学者のアブラハム・ロエブの大胆な推測が私たちの太陽系が高度な地球外文明によって訪問されたと議論している間、バルーチ・ブランバーグ議長、議会図書館、NASAを保持している哲学者スーザン・シュナイダーは先制して人工知能を示唆しました宇宙に存在し、それは数十億年前のものです。

私は、最も進んだエイリアン文明が生物学的であるとは信じていません。

コネチカット大学とプリンストン高等研究所のスーザンシュナイダーは、「最も進んだエイリアン文明が生物学的であるとは思わない」と述べています。シュナイダーは、サイエンスフィクションの領域を超えて、人工知能がすでに存在し、長年にわたって存在しているという概念を考慮した数少ない思想家の1人です。

NASAに関するシュナイダーの最近の研究であるエイリアンマインドは、次のように尋ねています。彼らは意識的な経験をするでしょうか?エイリアンになるための特定の方法を感じますか?」認知科学者であり哲学者であるシュナイダーは、私たちが地球外の知性と意識に遭遇した場合、それはどのように「見える」のでしょうか、そして私たちはそれを認識するのでしょうか?

エイリアンはスーパーコンピューターですか?

私たちの文化が擬人化されていることを私たちは知っていますが、シュナイダーは、エイリアンがスーパーコンピューターであるという彼女の提案は、私たちをとてつもないものにするかもしれないと想像しています。それで、ほとんどの知的なエイリアン文明が超知的なAIであるメンバーを持っているという見解の彼女の論理的根拠は何ですか?

シュナイダーは、エイリアンの超知能の存在についての彼女の結論を一緒に支持する3つの観察を提供します。

短いウィンドウ

1つ目は「観察の短い窓」です。社会が宇宙と接触できる技術を生み出した後、彼らは自分たちのパラダイムを生物学からAIに変えることからわずか数百年しか離れていません。この「短いウィンドウ」は、私たちが遭遇するエイリアンがポストバイオロジカルである可能性を高めます。

短いウィンドウの観察は、少なくともこれまでのところ、人間の文化的進化によってサポートされています。私たちの最初の無線信号は約120年前にさかのぼり、宇宙探査は約50年前にさかのぼりますが、私たちはすでに携帯電話やラップトップコンピューターなどのデジタル技術に没頭しています。

エイリアン文明の大時代

シュナイダーの第二の議論は「エイリアン文明のより大きな時代」です。SETIの支持者は、エイリアン文明は私たち自身よりもはるかに古いと結論付けることがよくあります。「…すべての証拠は、地球外知的生命体の最大年齢は数十億年、具体的には17億年から80億年の範囲であるという結論に収束しています。

私たちは銀河系の赤ちゃんです。

文明が私たちより数百万年または数十億年古い場合、多くは私たちよりもはるかに賢いでしょう。私たちの基準では、多くの人が超知能です。シュナイダーによれば、私たちは銀河系の赤ちゃんです。

しかし、それらはAIの形式であり、スーパーインテリジェンスの形式でもありますか?シュナイダーはそう言います。それらが生物学的であり、単に生物学的脳の強化を持っているとしても、それらの超知能は人工的な手段によって到達され、私たちはそれらを「人工知能」と見なすことができます。

カーボンベースではありません

しかし、彼女はこれよりも強い何かを疑っています:それらは炭素ベースではないでしょう。アップロードすると、クリーチャーはほぼ不死になり、再起動が可能になり、炭素ベースの生命体では不可能なさまざまな条件下で生き残ることができます。さらに、シリコンは脳自体よりも情報処理のためのより良い媒体であるように思われます。ニューロンは約200Hzのピーク速度に達します。これは、現在のマイクロプロセッサよりも7桁遅い速度です。

マックスプランク重力物理学研究所(アインシュタイン研究所)のマリーキュリーグローバルフェローであるミゲルズマラカレギとのデイリーギャラクシー(PBSビデオと  エイリアンマインド 経由)

画像クレジット:Shutterstockライセンス

もう始まっているのです。
なぜこの段階で情報を開示しているか?
それは、もう奴隷化が一部決定し自分の捕食の蓄えができたからかもしれません。

その理由としてあげられるのが、ワクワクティンティンでしょう。
なぜ?コロコロワクワクティンティンをこんなに急いているのか?
それは「人類奴隷化」をするため「人工知能のチップ」と「DNA組み換え」が目的ではないでしょうか?

度々書いていますが、今回の「コロコロワクワクティンティン」は、DNA組み換えで近年の人類初です。

まだマイクロチップまでは入っていなさそうですだが、
「遺伝子組み換え」と「マイクロチップ」で
生存だけが彼らの生きる意味なのです。
私たちの人類も快楽だけが生存に近づきつつあるのではないでしょうか?

そんなレプちゃんはあくまで「自由意志」も元に、契約をしないと
「宇宙の真理」から外れてしまい生存が怪しまれるのかな?
なので、コロコロワクワクティンティンもあくまで「自由意志」の元なのです。

上記からもわかるように「ココ」が大切なので、「ピックアップ現代」
あくまで「自由意志の元」が宇宙の真理なのです。

しかし、上手に「メディア」や「大衆心理」などで揺さぶりをかけてきます。
その揺さぶりに惑わされないためにも「感謝の氣持ち」が大切です。

生かしていただいて ありがとう御座います。

タイトルとURLをコピーしました