【米大統領令編】「大統領選挙レポート」「CIAのUFO」「大統領令」

世界情勢

今日の妄想は、

  • タイガーさんの最新情報


タイガーさんの最新情報は、どれが本当かわからないですが、
大統領選挙の「レポート」や「UFO」や「大統領令」という情報があります。

Yes, President Trump Won:
The Case, Evidence, & Statistical Receipts

Volume Three of the Navarro Report

Introduction

Volume 1 of the Navarro Report, The Immaculate Deception, assessed the fairness and integrity of the 2020 Presidential Election by identifying and assessing six key dimensions of alleged election irregularities. These irregularities included: outright fraud, ballot mishandling, a wide range of process fouls, multiple violations of the 14th Amendment’s Equal Protection Clause, voting machine irregularities, and statistical anomalies.

This assessment was conducted across six key battleground states – Arizona, Georgia, Michigan, Nevada, Pennsylvania, and Wisconsin. It would be the outcomes in these six states that would ultimately be election-determinate – just as the strategy of the Democrat Party assumed.

Evidence used to conduct The Immaculate Deception assessment included more than 50 lawsuits and judicial rulings, thousands of affidavits and declarations, testimony in a variety of state venues, published analyses by think tanks and legal centers, videos and photos, public comments, and extensive press coverage. Three key findings of the report include: (1) Six types of election irregularities were present and pervasive in most or all of the battleground states; (2) Each battleground state differed in its own way with respect to the types of irregularities that were election-determinate; (3) There was no single “silver bullet” that allegedly won the election for Biden; instead it was “death by a thousand irregularities” in any given battleground state; and, most importantly with respect to the question as to whether the election may well have been stolen, (4) the narrow alleged Biden “victory” margins in each of the six battleground states were dwarfed by the number of potentially illegal ballots.

Volume 2 of the Navarro Report, The Art of the Steal, examined the institutional genesis of the six types of election irregularities. One key finding: The Democrat Party efforts to strategically game the election process across the six battleground states began years before, and in many cases, shortly after President Trump was elected in 2016. A second key finding: the Democrat’s This gaming of the election process was implemented through a two-pronged Grand “Stuff the Ballot Box” Strategy designed to flood the six key battleground states with enough un-scrutinized and potentially illegal absentee and mail-in ballots to turn a decisive Trump victory into a narrow alleged Biden “win.”

Prong One of the Democrat strategy dramatically INCREASED the amount of absentee and mail- in ballots. Prong Two dramatically DECREASED the level of scrutiny of such ballots. This resulted in a FLOOD of potentially illegal ballots into the battleground states more than sufficient to tip the scales from a decisive legal win by President Trump to a narrow and potentially illegitimate alleged “victory” by Joe Biden.

Importantly, much of what the Democrat Party and its operatives did to effectively achieve what may well be an illegal result was pursued through a variety of legal means. Nonetheless, at times, Democrat government officials also bent, and at times, broke the laws or rules of their state.

Volume 3 of the Navarro Report is designed to serve as a capstone to what has been a comprehensive analysis of the question: Was the 2020 presidential election stolen from Donald J. Trump? In this report, we provide the most up-to-date statistical “receipts” with respect to the potential number of illegal votes in each battleground state.

トランプ大統領が勝ちました:
ケース、証拠、および統計的受領
前書き
Navarroレポートの第1巻、The Immaculate Deceptionは、公平性と完全性を評価しました
申し立てられた6つの主要な側面を特定および評価することによる2020年大統領選挙の
選挙の不規則性。これらの不規則性には、完全な詐欺、バロットの取り扱いの誤り、幅広い
プロセスファウルの範囲、第14修正の同等保護条項の複数の違反、
投票機の不規則性、および統計的異常。
この評価は、アリゾナ、ジョージア、ミシガンの6つの主要な戦場の州で実施されました。
ネバダ、ペンシルベニア、ウィスコンシン。これらの6つの州での結果が
民主党の戦略が想定したように、最終的には選挙で決定する。
無原罪の欺瞞の評価を実施するために使用された証拠には、50件を超える訴訟が含まれていました
司法判決、何千ものアフィダビットと宣言、さまざまな州の会場での証言、
シンクタンクとリーガルセンターによる公開された分析、ビデオと写真、パブリックコメント、および
広範囲にわたる報道。レポートの3つの重要な調査結果は次のとおりです。(1)6種類の選挙
不規則性は、ほとんどまたはすべての戦場の州に存在し、蔓延していました。(2)それぞれ
戦場の状態は、不規則性の種類に関して独自の方法で異なっていました
選挙-決定する; (3)選挙に勝ったとされる単一の「銀の弾丸」はなかった
Biden; 代わりに、それは与えられた戦場の状態での「千の不規則性による死」でした。そして、
選挙が盗まれた可能性があるかどうかという質問に関して最も重要なのは、
(4)6つの戦場の州のそれぞれにおける狭いとされるバイデンの「勝利」マージンは矮小化された
潜在的に違法な投票の数によって。
NavarroReportのVolume2、The Art of the Stealは、6つの制度的起源を調査しました。
選挙の不規則性の種類。1つの重要な発見:戦略的にゲームをするための民主党の努力
6つの戦場の州にわたる選挙プロセスは何年も前に始まり、多くの場合、
2016年にトランプ大統領が選出された直後。2番目の重要な発見:民主党のこれ
選挙プロセスのゲームは、2本立てのGrand“ Stuff the Ballot
ボックス」戦略は、6つの主要な戦場の州を十分に精査されていない状態で氾濫させるように設計されています
決定的なトランプの勝利を狭いものに変えるための潜在的に違法な欠席者と郵送の投票
バイデンが「勝った」と主張した。
民主党の戦略の1つであるプロングは、欠席者とメールの量を劇的に増加させました-
投票で。プロング2は、そのようなバロットの精査のレベルを劇的に低下させました。この
その結果、戦場の州への潜在的に違法な投票が十分すぎるほど大量に発生しました
トランプ大統領による決定的な法的な勝利から、狭く潜在的な可能性へのスケールを傾ける
ジョー・バイデンによる「勝利」とされる非合法
重要なのは、民主党とその工作員が効果的に何を達成するためにしたことの多く
さまざまな法的手段によって違法な結果が追求された可能性があります。それにもかかわらず、時々、
民主党の政府高官も曲がり、時には彼らの州の法律や規則を破った。
ナバロレポートの第3巻は、これまでの報告の要として機能するように設計されています。
質問の包括的な分析:2020年の大統領選挙はドナルドJから盗まれましたか。
このレポートでは、に関する最新の統計的な「領収書」を提供します。
各戦場の州での潜在的な違法投票数

UFOについてもCIAにより「情報」が公開されています。

これは情報を消すのに時間がかかりそうですね。

ただこれは事実に近いようです。大統領令は発令しています。

「大統領投票のデータ」と「UFO」の内容を把握するだけで1週間はかかりそうな
ボリュームですね。
「大統領投票のデータ」のピックアップして見てみると

  • 欠席者/郵送投票の4人に3人がバイデンに投票された
  • 登録有権者よりも202,000以上多くの投票が行われた

等々がデータと共に比較されているのでした。

最新情報の妄想は、おそらく「情報」を大量に出して
消されるよりも先に量で勝負しています。
この情報が10年・20年の時を経てまた蘇らせるせんもあります。
ただ「虚構」の情報がかなり多いので、あなたの分析眼が必要です。

人間は完璧じゃないので、どれだけすごい人でも「情報」には偏りができます。
ユダヤの法則に78%:22%があります。
人間は、78%しかなりませんが、全員が78%になれば限りなく完璧に近いものになっていきす。

78%に近づくためにも1人ずつが「感謝」ことが最も大切です。

今日も

生かしていただいて ありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました