【解体新書⑥】「ユダヤとトランプ」「中国とイスラエル」「日本とイスラエル」

世界情勢

今日の妄想は、以上3つです。
なぜ、イスラエルなのかは、歴史に習って、ユダヤ人がいるところが栄えるからです。
日本も秦氏が、ユダヤからの系列で有名です。
探っていくと面白いことでしょう。

  • イスラエル(ユダヤ)とトランプ
  • 中国とイスラエル(ユダヤ)
  • 日本とイスラエル(ユダヤ)

日本の偏見を払拭するために、今回は海外のニュースからピックアップをします。
理由は、日本の固定観念の少ない情報が増えることにより、冷静に物事を見えるからです。
世間一般のニュースとは、違い受け入れがたいこともあることでしょうが、海外のニュースだからこそ見えてくる世界があるのではないでしょうか?

例えるなら、地球に毎日いますが、近くから見ていると土や木や海と一点しかみることができませんが、
空を飛んで地球を見てみると緑が多かったり、雲があったりと視点が変わります。
ロケットに乗って見てみるとさらに「地球は青かった」となることでしょう。
本日は、海外からのニュースを繋いでみようと思います。
今後の日本人なら必ず関わってくる内容です。

一生懸命書きますので、一生懸命読んでみてね。

それでは、早速いきましょう。
イスラエルとタイガーさん。

Very Fine People’: An Oral History of Trump and the Jews

ホワイトハウスでのドナルド・トランプの任期は、アメリカにとって、そして何百万人ものユダヤ人にとって、大きな混乱の時代でした。アメリカのユダヤ人コミュニティは、大統領選挙以来、トランプによって親イスラエルの動きで法廷に出されたが、白人至上主義の同盟国の育成によっても撃退された。

この4年間で、トランプ政権下のイスラエル政府は前例のないほどの利益を上げ、ユダヤ人コミュニティに対する前例のない暴力行為も見られました。アメリカ合衆国はイスラエルの大使館をエルサレムに移し、ネオナチはシャーロッツビルの通りを行進した。トランプ政権はイスラエルとアラブ諸国の間の歴史的合意を仲介し、米国の土壌に対する最悪の反ユダヤ主義攻撃はピッツバーグで起こった。

ハアレツは、ユダヤ人コミュニティ全体の人物に、この時期とそれが彼らにとって何を意味するのかを振り返るように求めました。それらは、さまざまな宗教宗派、政治的所属、およびコミュニティの役割を表しています。彼らには、ラビ、市長、作家、活動家、主要なユダヤ人組織の指導者、トランプ政権の役人が含まれます。民主党と共和党; 正統派、保守派、改革派のユダヤ人。

イスラエルに多くの人がいき、アラブの歴史的合意ができた。利益が出た。
これだけでわかることではないでしょうか?
イスラエルに入植しています。

イスラエル入植加速、トランプ政権下で駆け込み
【カイロ=久門武史】イスラエルは占領地で入植活動を加速している。イスラエル寄りのトランプ米大統領に代わり、入植活動に批判的なバイデン前副大統領が政権を担うのをにらんだ動きとみられる。
イスラエルは15日、パレスチナが将来の国家の首都と位置づける東エルサレムにあるユダヤ人入植地で、1257戸の住宅建設の入札を始めた。パレスチナ自治政府は「エルサレムをパレスチナから切り離すものだ」と激しく反発した。
10月にもイスラエルはパレスチナ自治区ヨルダン川西岸にユダヤ人入植者の住宅約5千戸を建設すると決めている。活動団体ピースナウは、今年の建設承認件数が1万2千戸超と、2012年以来で最多になったと発表した。
バイデン氏は将来のパレスチナ国家とイスラエルが共存する「2国家解決」を支持する。副大統領だった10年、イスラエル訪問中に入植者住宅の建設計画が発表され、ネタニヤフ首相との会食に1時間半遅刻して不快感を示した逸話がある。
バイデン政権は「入植活動へのトランプ氏の政策を巻き戻す」と米中東研究所のハリド・エルギンディ上級研究員はみる。イスラエルには、入植を事実上容認したトランプ政権の後ろ盾があるうちに、入植地を固定化する思惑がありそうだ。
国際社会からはイスラエルに対する懸念の声が相次いでいる。国連は16日「建設は国際法違反」としてイスラエル当局に取りやめを求めた。欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表も「国際法に沿った2国家解決に深刻なダメージを与える」と非難した。
入植地を巡ってパレスチナやアラブ諸国は、イスラエルと長く対立してきた。ネタニヤフ首相はアラブ首長国連邦(UAE)との国交正常化に当たり、入植地の併合を一時停止すると表明していた。

移住者がじゃんじゃんバリバリいますね。
そして、さらに面白いニュースが、2021年1月24日のニュースなのに、
イスラエルの表紙はタイガーさんです。
海外のニュースなのに変なことがありますね。

イスラエルは米国の取引を通じて同盟を獲得し続けています

 ジェシカ・サムナー  、2021年1月24日

イスラエルは米国の取引を通じて同盟を獲得し続けています

以前の外交関係の強化と新しい関係の確立は、イスラエルの地域の対応者の間でより大きな安全を確保する態勢を整えています。世界政治におけるイスラエルの進化する役割は、周囲の国々の政策によって絶えず形作られているので、米国による熱心な支援により、この国はかつての敵の目から見てより正当性を得ることができました。

中東といえば、石油です。
石油さんは、中国に売るのをやめました。

なので中国は停電バンバンですが、
その後のストーリーを書いている記事がありましたので、
そちらを見て見ましょう。

中国とイスラエルの協力に幕を開ける?

A researcher plants a semiconductor on an interface board, Beijing, China, 29 February 2016 (Photo: Reuters/Kim Kyung-Hoon).

イスラエルの歴史の中で最も長く勤めている首相として、ベンヤミン・ネタニヤフは中国とイスラエルの関係に大きな影響を与えてきました。両国の外交関係は1992年の正常化以来最も広範囲に及んでおり、中国はイスラエルの2番目に大きな貿易相手国として浮上している。

中国のどこなのかが大切なのです。
それを辿っていくと北京でした。
北京といえば、トヨタ等々日本の企業も関わりがありますね。
そして、日本の大ボスの「秦さん」ですが、これは触れるとBANなので、
名前を変えて「カラス」さんは、北から経由で、渡来人には弓月君、阿直岐、王仁、阿知使主といった人物から日本に来ました。
ユダヤ人なのでしょうか?その人たちが日本が作っていました。
中国の香港さんの女の人が逮捕されていますが、北京にいるとかどうとかあります。
中国の民主化は北から始まっていくストーリーが妄想できませんか?

とまー色々ありますが、日本とイスラエルを見ていきましょう。

イスラエルではいつでも歓迎されると述べ、首相は「両国間で築かれた友情」を称賛している。

2018年5月2日、エルサレムの首相官邸でベンヤミン・ネタニヤフ首相(r)と日本の安倍晋三首相。(ヨナタン・シンデル/ Flash90)

安倍首相は、祖父の岸信介前首相の足跡をたどるように手入れされた政治的な青い血だ。彼の政治的レトリックは、日本をより強力な軍事力と国際問題におけるより大きな役割を持つ「普通の」そして「美しい」国にすることにしばしば焦点を合わせた。

日本もかなり親密に手を結んでいるのでした。

これは、後で恥になるのは間違いありませんね。

「日本人は中国のウイグル虐殺を肯定する」という宣言をした。日本の恥辱となる。
もう、日本の解体新書は、

まさかの金からくる?

外貨準備の金、50年ぶり大幅増 「埋蔵金」を計上へ 
造幣局保有を外為特会に移管 市況考慮で市場放出は回避

日本が外貨準備の一部として保有する金の量が大幅に増える。18日に国会審議が始まった第3次補正予算の成立後に80トン増え845トンとなる見通し。造幣局が記念金貨鋳造のために保管していた金塊を、為替介入で得た外貨を運用する財務省の外国為替資金特別会計(外為特会)が取得する。80トンもの大幅な積み増しは金とドルの交換が停止した1971年以来50年ぶりだ。

インフラに着火剤しそうですやん。
中国人さんが海外に資金を逃すために一度日本に買ってもらって手渡す。
どういうことか、私の妄想ですが、中国が崩壊することがわかった裏の人たちは一度金を日本に渡して
買い取りました。そうすれば、ウォン・ドルが潰れても金は自分の手元に入りますが、
日本ではインフラが起きます。物価は上がり税金や賃金が払えない人々が出てくることでしょう。

チンコロナよりも未来のニュースが多いです。
チンコロナの摂取も2回目が終わりどこの国よりも早い。
なぜなら栄えるから、中東バンバンやっていました戦争が、少なく成っているようでした。

イスラエルが栄えていくことがわかると思います。

日本人は今後どのように行動していくのでしょうか?
何を知って行動していても「感謝」が大切です。

生かしていただいて有難う御座います。

タイトルとURLをコピーしました