きた〜!人工知能の選別は始まっている!金融庁からのお誘い・デジタル庁の創設

世界情勢

人工知能の選別はもう始まっていますね。
私がSNSで情報を見ていると、金融庁の来ていました。
仮想通貨やIT系の人に多く、広告がきているようです。

入ってみると新たに金融庁でした。
金融庁から「デジタル庁」の政府方針がるようです。
やることは、

  • 日本の仮想通貨
  • プラットフォームの作成
  • 情報統制
  • マイナンバーとの紐付け

にではないでしょうか?

個人情報は「国」の事情があれば協力していいとされています。
一般市民にこれが使用されるのか?
国内の中国共産党と悪事をした人のためなのかが、
大きな焦点になります。


スマホ個人情報収集も

しかし、「自由」はないですよね。
1984年の「真理省の情報統制局」に働く主人公を思い出します。

「ビックブラザー」があなたたちを見ているよ。

ここからは、
災害、戦争、パンデミック、経済崩壊。
飲食店は火を吹き、経済ストップさせていく可能性が高いです。

マイナンバー持っている、コロナワクチンを打っており、
「金融庁に勤めている人」
「国が保有する機関に勤めている人」から月30万支給ベーシックインカム開始です。
羊さん達が自ら喜んで管理されて行くのでした。

アマゾンの商品買ってるうちに自分が商品になっていくのでした。
ちゃんと通った国の法案でした。

というストーリがある中で、
徐々に来ているこちらのニュースに注目していきたいです。
「逮捕」「逮捕」「逮捕」「制裁」「制裁」「制裁」

このことが起きていくのであれば、新たな今までにない組織ができるはずです。

私たち1人ずつが「静観していくこと」が大切です。
しかし、「新しい組織」はいっときはいいですが、
時代が100年200年経つにつれまたいつの間にか「情報統制局」になっている。
いつの世も
自分たち1人ずつが「感謝」が大切です。
空気を吸っているうちは空気に「感謝」ができます。

生かしていただいて ありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました