ゆとりの若年層が見る世界!若年層の失業は自然と超能力の関係性では?

未来の話・宇宙・科学・AI

私の見る世界はいつも理想や空想と言われる類のものかもしれない。

しかし、現実問題を見たときに答えはそれしかないようにも感じる。

なぜこのように考えているのか?それは、ふと見たニュース(下記)の若年層の仕事しない病が発生している。仕事から逃げても現実からは逃れられない。仕事から逃げているように思いどうしようもないなと一生懸命働いている人は思うかもしれない。

「水だけで3日」「冬なら死んでいた」コロナ禍に家を失う若年層増加の現実〈AERA〉
 新型コロナが原因で、家をなくし、ホームレスになる若者が増えている。AERA 2020年11月16日号はその実情を追った。
「これから寒くなるのに、このままでは冬を越せない」  10月下旬、東京・池袋の公園。男性(43)は、ホームレスになって痛めたという腰に手をやりながら疲れた表情でつぶやいた。  九州出身で、長野県内の工場で派遣社員として働いていた。だが、新型コロナウイルスの影響で経営が悪化すると、社員と派遣社員の半数ずつが「人員整理」されることになり男性は対象者になった。9月中旬、「雇い止め」となり職をなくした。  仕事を求めて同月下旬、東京に来た。ネットカフェで暮らしながら仕事を探したが、年齢が壁となった。10月半ばにはお金が底をつきホームレスになった。公園などで寝泊まりを続けながら何とか暮らしていたが、所持金は100円を切った。 「今は、一日一日を生きるので精一杯です」  家族とは決別しているので頼りたくないという。頼ったのが、池袋を拠点にホームレスを支援するNPO法人「TENOHASI」だった。冬物の衣類をもらえると聞き、配布場所のこの公園に1時間前から並びジャンパーをもらうことができた。だが、今後のことを考えると不安は尽きない。病気、食事、寝る場所。男性はこう話した。 「僕一人では、どうしようもできない」 ■相談が再び増加の傾向  コロナ・ショックが続く中、仕事をなくし住まいを失い、ホームレスになる人が増えている。  先のTENOHASIでは月2回、池袋の公園で無料の医療・生活相談、配食などを行っているが、事務局長の清野(せいの)賢司さん(59)によれば、コロナ前、1度の相談で10人程度だったのが、4月と5月は一気に30人近くに増えたという。コロナの感染拡大でネットカフェが休業し、路上に押し出された人たちが多い。20代、30代の若年層が中心で女性も多かった。その後は少し落ち着いたがここ最近、再び増加傾向にあるという。清野さんは言う。 「これからますますコロナの影響で解雇や雇い止めが増えると考えられる。住まいは、生存と精神の基盤。早く手を打たないと、その基盤をなくす人たちが一気に増える」

yahooさんより

しかし、本当にそれだけなのだろうか?

年配よりも若年層は敏感で新しいアイディアかもしれない。

仮説を立ててみたがもしかしたら、私たち人類は次の時代に入っているかもしれない。

うっすら過去の経済を照らしわせてみると1930年の世界恐慌の前と第二次世界戦争の前に似ている。未来のことはわからないが、今回の波は大きい。

経済を見てる人なら、世論に敏感なので、2000年から徐々に変わり出している世界がわかるであろう。

その大きく現実社会に見えるようになったのが、9.11やコロナである。

ここからはおそらく世界恐慌と戦争とAI主義で地下シェルターと人間の遺伝子組み換え新たな人間ではない生物を作ってしまう等々になるかもしれない。

この知識は未来につなげるために書いている。

若年層は過去の20年前の知識より現代に敏感で直感的だ。過去のアンテナを張っている人たちには感謝しかない。そのことを瞬時で理解できるように様々なツールを使って簡単にわかるようにしてくれている。

そこにいつもの歴史の虚構を織り交ぜているが、虚構を氣がつぎつつあるようだ。

次の時代はきっといい世界になりそうだ。お金に囚われず自分のできることを全力でやって、皆の笑顔考え動くことになりそうな世界だ。

そのための防衛のための若年層が失業してホームレスになっていのかもしれない。

その大きな要因を述べると、私(26歳独身)も自分の体で実験をした結果水1Lとサツマイモ二本あれば、私の場合は栄養が足りる。

これは1ヶ月試した結果特に体の調子も悪くならずにバリバリ動けた。

人口が年々増えているのでなんとも言えないが増加していることはわかる。

そう人間の体が当然変異をしだしている。そんな予感をしているのである。

ホモデウス(ユヴァル・ノア・ハラリ (著))にも書いてあるが、おそらく我々人類が大きく変わろうとしている。

今までになかった変なことが科学で証明されつつあるのである。

いくつか具体例を挙げると

  • シンクロシティ
  • テレパシー
  • 未来予知
  • 透視
  • 念力
  • ヒーリング

超能力と言われるものである。ユングもこの研究をしていたが、メディアはいつも封印し続けていたが、世界各地でわかり出して溢れ出しているのである。

振り子の法則で今まで騙してきたのが、反対に降り出し始めているのである。

そして、失業者が増えているのは自然とのつながりを求め出している証拠なのかもしれない。

自然とこの超能力は切っても切り離せない現象なのである。

覚えておいて欲しいのは常に使えるわけではないのである。ある条件のもとそれは行われる。

不思議なものである。

条件はおそらく人間の精神面と自然の関わりだと自分は感じている。

なぜこのタイミングでこれを書いているのか?

最終局面まで迫ってきているからである。我々の人類が滅びてまた繰り返すのか?それとも愛の法則に基づくのか?この2極化が迫っている。より多くの人に氣がついてくれることを応援しているのである。

そして、この若年層の失業は自然と超能力や次の時代の前準備ではないだろうか?

一眼に自分の欲だけで動いているようには見えないのではないか?

それだけで社会の落ちぶれとして烙印を押すのは本当に良い判断なのだろうか?

反対に今まで通り真面目に働いていては需要がなくなり、いらないと言われて年金ももらえない世界が近いように感じる。

というゆとりの若年層からの妄想でした。

生かしていただいて有難うございます☺︎

タイトルとURLをコピーしました