コロナウイルス (過去→現在→未来)世界情勢からみる

コロナ世界情勢健康未来の話・宇宙・科学・AI

こんにちは妄想屋です。無料で一生懸命書いています。(サイト開設費等寧ろ赤字です)
またこの記事を読んでい頂き、皆様の肩の荷がが軽くなること、不安や恐怖が少しでも和らげればと思っております。

自分も人間ですので無知です。完璧ではありません、一意見として頭の片隅に入れておければ、幸いであります。

どうしてもこのコロナの問題を見ていく上で過去→現在→未来を曇りなきまなこで見定め決めなければ本質は見えてきません。

本当は細かく見ていくと様々な思想がぶつかりあっていますが、、、今回はざっくり3つの権力から見ていきます。

過去→現在ですが、現在はすぐ過去になってしまうので、細かいところは揺れ動きます。

①アメリカ(過去→現在)

②中国(過去→現在)

③日本(過去→現在)

本当はプラトンや日本書紀と聖書と戦争やお金・石油・株等の情報を一から説明したいところですが、今の自分の時間には限りがありますので、省略させて頂きます。第1次世界大戦と第2次世界大戦を元に現在までの流れを各国から書いていきます。

①アメリカ(過去→現在)

アメリカは元々金の国

金(ゴールドラッシュ)によりヨーロッパ人がアメリカへ移住していきました。アメリカにはインディアン人がいました。その人たちは農業を大切にしていて、自然豊かにいきていましたが、ヨーロッパ移住民が武力で奪っていき西海岸の金(ゴールドラッシュ)を寄越せと南北戦争が起きてしまいました。そして、工業優先の北側(ヨーロッパ移民人が勝ち)急速な経済成長をしていきます。

さらに経済成長とともに石油王ジョン・ロックフェラーや鉄鋼王アンドリュー・カーネギーなどの資本家が誕生した。

そしてヨーロッパのみで第一次世界大戦が1914年から1919年まで重なり武器や石油を売り莫大な利益を生み出しました。

しかし、そんなアメリカに大ピンチが訪れました。1929年の世界恐慌です。平和になったら石油も売れないですし、工業に限界が訪れたのであります。
 そこで思いついたのが、もう一度戦争をすれば、石油を売れるし、工業も発展するということで、日本とナチス・ドイツとイタリアと戦争することでした。それが第2次世界大戦であります。アメリカvs日本 太平洋戦争です。(旧大東亜戦争後ほど説明)

 日本人は短期的にはかなり強い国でした、開戦当初は押されつつありましたが、日本は皆さんも知っての通り石油や資源が非常に少ないので長期戦になるにつれアメリカが圧倒していくことになりました。日本は降伏を何度も試みましたが、大量殺戮兵器である原子爆弾を試したく原子爆弾を広島と長崎に投下しました。 

こうして勝利を収め世界恐慌は解決しましたが、しかしその後社会・共産主義の戦争に進んでいきます。アメリカとソ連が直接戦うのではなく、核兵器や水素兵器や科学技術の戦争にそれぞれ介入する戦争です。特に有名なのが朝鮮戦争とベトナム戦争です。その間も石油や武器が売れるのでアメリカは経済成長は進んでいきました。その後アメリカは超大国として湾岸戦争、イラク戦争、アフガニスタン紛争で戦っていくようになり現在を見ていきます。そして、ソ連との冷戦にも勝ちました。

そして現在に至っていきます。ソ連の残党と中国が力を持つようになってきました。核兵器や化学兵器を使えば人類は一瞬で滅亡できます。なので今度は何の競争になってきたかというとそれが今大きく関わってきているAIであります。

そして、金から元々なり立っている世界がおかしいというシステムの見直しがなされるようになりました。それが今回のコロナによって見られるのです。戦争があるたびに本当は石油や金の価値が上がるのですが、今回は価値をなくしているのです。

それと情報統制が行われプロパガンダが起きるのですが、ありがたいことにネットによって情報が統制さなくなっているのです。
そして権力者FBビルゲイツが引退みたいなニュアンス権力を握らないよということでしょうか?

5Gとワクチンとコロナが最近結びついていますよね、、、ここからはまとめて未来編で書いていこうと思います。

このようなことを書いたら10年前では石油や金の利権者から速攻BANをくらっていましたが。今はBANされないのが大きな証拠ではないでしょうか?

マサさんのコメントが国民の皆さんわかってきたかな?そんなコメントな感じがする。

まとめると

金によって支配されていたが、石油や金を手放したとのこと、、、

以上これがアメリカの過去から現在に至ります。

②中国(過去→現在)

中国の歴史はざっくりいきます。

いつも内から滅びていきます。今回も同じく大きなな流れは変わらないでしょう。中国人は今はアメリカの石油の権力者や金の権力者のようにメディアを使って国民騙し込めば管理できるんじゃないか?そしてコロナ+プラス5G (ファーウェイ)+ワクチン(水銀)を使って『死』を使ってコントロールできるのではないか?といくことを試みます。

 先ほどの載せたビルゲイツのTEDの時期に実は日本にも大きく関わっている自分と接触している人がいます。アリババやファーウェイを使って、あたかも日本の敵みたいに写っている人がいますよね?

その当初5・6年前まではあたかも悪者役そうそれが、孫正義(まさ)です。まささんからビルゲイツにこういうものを中国が作っているからFBのビルゲイツに情報を流していた可能性が高いでしょうね、、、だから予想ができたと思い逆手にとってあいつがわるいと思ってくれればいいというプロパガンダをしていますね、、、

そしてワクチンが危ないと思い込ませれば中国の人たちは大喜び今コロナの感染者が多いのは明らかに中国と手を結んでいる共産権の人たちでしょうね、、

5g(ファーウェイ)

感染者数 死亡者
中国 80000 3000
イタリア 12500 1000
イラン? 10000 400
韓国 8000 66
フランス 2800 61
ドイツ 2000 6
アメリカ 1300 31
クルーズシップ 700

5g・4G・3G(ノルウェイorその他)

スェーデン 850 6
日本 640 6
ノルウェイ 700 5
デンマーク 800 4
イギリス 600 4

3月13日現在

感染者が多いのは中国のHUAWEIを使ってるところがかなり多くなっていますね。

中国はおそらく目に終えていないでしょうから、死亡者に対して3.1%×100で感染者を出していそう、、、

イギリスもファーウェイ切り替えてこのような記事が出ていますね。

トランプ激怒。アメリカを裏切り中国を選んだイギリスの暗い明日 
MAG2 NEWS2020年02月18日04時30分

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mag2/world/mag2-440368

そのためにコロナの陽性を抑える必要があるでしょうが、、そのため日本の政府も隠したいでしょうからね。

しかし待ってくださいね皆さん。

そして思い出していただきたいのが、元々中国は武漢でも香港デモが起きていた、


中国武漢市、市民1万人が抗議デモ ごみ焼却場建設反対で
2019年7月8日

https://www.digima-news.com/20190708_50636

いつも共産権のやり方は同じですね、

わかりやすく言えばこんな感じですかね?ちんちん→まんちん→まんまん あれいつの間にか男から女の人に変わってる?という手口です。いやいや意味わからないよという方がおられるかもしれません。

実際に起きたことを見ていきましょう。小泉さんの時に

郵政民営化→電気民営化→水道民営化 あらま水5倍にしたろそしたらあんたらコントロールできるね、、、

とこんな感じですかね、ここは日本編で書いていきます。

まとめる
今回 5G+コロナ+(ワクチン 水銀とアルミニウム)でコントロールしたかった以上

[5G +ワクチン=突然死について]
1   5Gは免疫系を弱めウイルスを変異させるため、5Gの普及により、人々は普通の風邪でも死に至りやすくなる。5G放射線(コロナと呼ばれている)は、血流中の金属塊を介して突然死を引き起こす可能性があるのだ。
2   5Gは、体内の金属を移動させる。世界を支配してきた人口削減推進者たちが、長年コツコツと一般市民に意図的に散布してきたケムトレイルや、歯の詰め物、そして何よりも ”ワクチン”という兵器によって私たちは、体に水銀やアルミニウムを日々溜め込んできた。
3   水銀とアルミニウムの2つの金属が互いに接触すると、一部の人々に突然死を引き起こす。ワクチン接種により、水銀とアルミニウムは肺/心臓/脳を含む臓器の組織に蓄積されてきた。5Gの影響でそれらは互いに結合して反応し、金属塊を形成する。
4   中国のコロナウィルス感染者たちには、それが肺動脈/冠動脈/大脳動脈にあるかどうかにかかわらず、肺塞栓症/心臓発作/脳卒中と、血栓による塞栓の症状がみられた。犠牲者はまた、姿勢の変形と痙攣による外傷性脳損傷であったことが確認されている。
5   上記の塞栓症のそれぞれは、アリよりも小さい血栓によって引き起こされた可能性がある。では、金属塊が身体にどうやって影響を及ぼすのか? 例えば、50歳まで毎年真面目にインフルエンザワクチンの予防接種を受けてきた場合、1回当たり0.25 mcgの水銀が×50回で計12.5 mg蓄積。
6   さらにケムトレイルから降り注いだアルミニウムも、大量に体内に蓄積している…さて、金属塊はどのくらいの大きさになるだろうか?  その金属塊は脳に突き刺さり、脳の損傷/姿勢の変形/痙攣、そして突然死を引き起こす可能性がある。それはまるで、頭蓋骨の内側から銃弾を受けるようなものだ。
7   一部の人は普通の風邪からいつも通り回復したが、他の、免疫システムがマイクロ波と変異ウィルスに敏感な犠牲者が死に至るまでの期間は、長期化している。コロナウィルスの犠牲者の突然死は、姿勢の変形と痙攣および/または、肺/心臓/脳塞栓症の突然死と同じ特徴を持つ。
8   これは血管、肺、脳、心臓などの臓器の金属塊、場合によっては巨大な金属塊が原因である。これら全てに更に5Gが加わると、脳と心臓の電気系統に混乱を引き起こし、突然死を引き起こす可能性が強まる。
9   磁性流体とは、流体でありながら磁性を帯び砂鉄のように磁石に吸い寄せられる性質を持つ、磁気と周波数によって制御可能な流体金属のこと。

5Gが普及すれば、周波数60Ghzで操作された磁性流体を酸素のように吸い込むことになるだろう。

以上が中国共産権の攻撃でした。

③日本(過去→現在)

日本は江戸から話します。260年続いていた。そして海外は恐れていました。侍の剣どうやって作っているのがわかりませんでした。要するに強かったのですね。で海外の人たちは考えました。若者を洗脳して革命をしたらええんじゃないのと、それが引き金で明治維新が起きました。そこから戦いの世界へ行きました。第2次世界大戦が起きました。アメリカvs日本 大東亜戦争後です。なぜこの名前かみなさんわかりますか?それは当時植民地に東アジアはなっていました。なので、そこを解放するための戦ったのが日本でした。

 もちろん国民にはプロパガンダをしました。戦争に士気は大きく関わりますので、勝っているとひたすら教え込みました。そして、最終的に親とこどもを守るために飛行機でぶつかるだけに追い込まれました。

なんどもアメリカには降参していましたが、天皇を殺せと言われました。しかし日本では天皇は神的存在です。殺したらそれこそデモが収まらなくなるので、仕方なく戦争を続けていました。そしてアメリカによる原子爆発の実験が終わり、戦争が終わりました。

 その後アメリカは日本の復習を恐れました。そこで出てくるのがGHQです。当時無理に憲法を書かせたのが今の憲法に当たります。

GHQは日本の書物を捨てさせました。例えば、大東亜戦争→太平洋戦争や氣→気等々今調べれば腐るほど出てきます。

メディアを使って日本を洗脳して骨抜きにしようとしたのです。プロパガンダして3S「セックス」「スクリーン」「スポーツ」に目を向けさせ日本は少しずつ弱り切っていきました。

しかしアメリカさんの面白いところは経済のためだったらソ連を抑えるため日本に武器や戦闘機を作り経済成長を遂げました。

しかし、アメリカさんも弱っていくことになり、今回日本のメディアは中国の共産権に乗っ取られました。

そして共産権も同じ洗脳を使ってきたのです。そのために作られた法律がこちら

移民推進、アイヌ新法、消費増税、水際対策なしで感染拡大、種子法廃止、種苗法改悪等々

骨抜きは完了というわけです。

ここまでが大きな流れです。

まとめますと大きな流れとしては共産権(中国)と資本権(アメリカ)が権力を握りたく血塗られた世界だということを知っていただければいいです。そして日本はその犠牲になって瀕死の状態になった。

未来編

ここからが本題です。本当に情報統制ができて権力者が本気を出せば、このネットの中の情報もあっという間に消すことは可能でしょう。しかしそれをやっていないということはどういうことか?結論からいくと国民一人ずつに氣付いて欲しいということでしょうかね? おそらく共産権は一気に倒れることはありませんが、おおよそ2~5年はかかると思いますが、共産権はうちから滅びていきます。

穏便な日本人ですら、今回のコロナで政府に対してここまでの怒りがあります。常に怒っている中国人が政府に対して、不満がないわけがありませんよね?今でもおそらくデモが起きています。

武漢肺炎:中国湖北省、外出禁止の住民が抗議デモ、「質の悪い野菜を高値で販売」

国民の中ではよほどな怒りがあるでしょう。なので長期戦になれば共産権は必ず滅びていくのです。

 2025年に紙幣チェンジがあるのは新しい産業に目を向けていただきたいから、実際問題今のままでは自然による崩壊は免れないでしょう。一人ずつが私利私欲で自分のためにお金があれば、転売屋みたいに買い占めてしまう人間が溢れてしまったのは事実です。なのでおそらく自給自足になるべく向いてほしいのかな?あと百田尚樹さんと安倍総理が会食していましたね、おそらく今回のことを本に出してくれないか?って打ち合わせがあったのではありませんかね?

https://lite-ra.com/2020/03/post-5293.html

安倍総理の緊急のお知らせなどは憲法を変えますよと言っているように見えますしね、、、

そのためのツールは十分すぎるほど足りています。ビットコインであったり、IOT、AI、ソーラーパネル、テスラ蓄電器等々

自ら自分を悪者にして共産権からの攻撃氣付いて欲しいのでしょうね?教育もおかしくなってしまったし、一人ずつがサボってしまったのも事実。そして武田先生も堀江さんもも鴨ちゃん等々みんな落ち着けと言っている理由はおそらくここからくるのではないでしょうか?

今回必死に頑張っていただいた皆さん過去の人々本当にありがとうございました。ようやく本当の日本らしさが戻ってきそうです。

ということで、

今後2週間くらいで大きな発表があるのも事実でしょう、、なのでこの2週間を見守ってみましょう。
おそらく百田尚樹の本が出版されることでしょう?

ここから楽しい未来の話を書いていきます。

①リニアコライダー②宇宙開発③スピでの宇宙④美しき緑の星⑤トヨタの都市⑥快楽主義に溺れる人間⑦自然の問題

ホモ・サピエンス→ホモデウス

今の世界を作れるのは今生きている人々一人ずつなのだから、、、

こうならなければおそらく人類は滅亡していることでしょう、、、

ありがとうございました☺︎

タイトルとURLをコピーしました