シーソーゲーム!イランと中国が協定仮想通貨先出し?

今日の妄想は、
中国さんとイラン さんが協定を結び、仮想通貨の本格導入をしました。
そして、中さんが勝った時の世界を想像します。
また、「ロボットと協力して人間の力を発揮する」という妄想もしていきます。

なぜ今中国とイランが包括協定。アメリカの弱みを狙った中国の策略

 2021年3月27日、中国とイランは、今後25年間にわたり経済や安全保障などの分野で連携を深める包括協定を結んだ。中東6カ国歴訪でテヘラン入りした中国の王毅国務委員兼外相が同日、イランのザリフ外相と会談し、その協定に署名したのである。
日本のメディアの報道によれば、協定の具体的な内容は明らかになっていない。しかし、米国メディアなどの報道を引用する形で、中国がエネルギー分野や鉄道、高速通信規格5Gなどの整備に25年間で約4000億ドル(約44兆円)を投資する見返りに、イランが原油やガスを中国に低価格で供給し、合同軍事演習の実施など、安全保障分野での連携も盛り込まれていると報じている。
メディアの記事の見出しを見れば、日本側の受け止め方が大体、わかる。

石油を止められた中国さんは、イラン さんと手を組みなんとか石油を手に入れようとしているのでした。
そして、仮想通貨で新たな次の時代のシステムを構築しようとしているのでしょう。
中国とイランの通貨を作ろうとしているのでした。
中国は、石油の輸入と輸出を新たな世界政府のもとしようとしているのでした。

イランが中国とズブズブなのは、明らかです。

中国は、工作員とネットで、向こうが情報を開示する少し前に自国のニュースを先だしにする。
そう本当は、イギリスかどこかの協定で仮想通貨の支払いをしようとしているのがわかって、
イランと中国で先駆けしてしまったのです。

待て待てと反感をかうことでしょう。
そして、ばちばちと戦いが起きて勃発することでしょう。

中国が勝ったときは、「恐喝」の生存になってきます。

トヨタ自動車、東京2020オリンピック・パラリンピックを様々なロボットでサポート

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、オリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)において、従来の車両供給の枠を超えたモビリティソリューションの提供を目指しています。またトヨタは東京2020組織委員会が政府・東京都・大会パートナー及びロボット有識者と共に取り組んでいる「東京2020ロボットプロジェクト」に参画しています。トヨタは、お客様の「移動したい」という想いを支えるべく、様々な場所で活躍するロボットを通じて東京2020大会の成功に貢献してまいります。

東京2020大会に提供するロボットの活用シーン例

  • ロボットを介したコミュニケーションや遠隔操作を通じ、遠隔地にいるお客様がアスリート等と交流したり、遠方のお客様に大会の雰囲気をリアルに感じていただく
  • フィールド競技サポートロボットが運営スタッフの効率的な競技運営を支援する
  • 車いすのお客様が心置きなく観戦を楽しめるよう生活支援ロボットでサポート
東京2020大会提供ロボット

未来創生センター長の古賀伸彦は、「トヨタでは、産業用ロボットの技術を転用し、『人の活動を支え、人と共生する』をコンセプトに、2004年頃より主に身体の不自由な方や高齢の方を支援するパートナーロボットの開発に取り組んできました。モビリティカンパニーへの変革を目指す中、今後サポートの対象をさらに広げ、すべての人に移動の自由を提供したいと考えています。『移動』は、人やモノが実際に動く『物理的な移動』だけではなく、アバターやエージェントなどを介し、自分の一部分もしくは全体を仮想的に遠隔地に移動させる『ヴァーチャルな移動』、さらに移動による新たな体験や出会いから生まれる人の気持ちの動き“moved”、すなわち『感動』も移動だと考えます。東京2020大会では、ロボットの提供を通じ、すべてのお客様の『移動したい』という想いに寄り添い、お客様にスポーツが生み出す『感動』やスタジアムの熱気を感じていただくお手伝いができればと思います」と話しました。

各ロボット詳細

ロボットのデザインは大会時に一部変更予定

東京2020マスコットロボット ミライトワ/ソメイティ(以下、マスコットロボット)

東京2020マスコットロボット ミライトワ
提供 : 東京2020組織委員会
  • 史上最もイノベーティブな大会を目指し、東京2020組織委員会とトヨタにてマスコットロボットを開発
  • 大会関連施設等にて選手や観客を歓迎するほか、子供たちがマスコットロボットを通じて、新たな形で大会を楽しめる企画を検討中
  • 遠隔のマスコットロボット同士で腕の動作や力の感覚を相互に共有
  • 頭部に搭載したカメラで近づく人を認識すると、目の表情と動作を連動させ様々な感情を表現
  • 柔軟な動作制御が可能な小型関節ユニットを全身に搭載し安全かつ高い運動性能を保持

T-HR3(ヒューマノイドロボット)

T-HR3
  • 遠隔地にいるお客様が、T-HR3とマスコットロボットを介してアスリート等と交流が可能
  • 具体的には、マスコットロボットをコントローラとしてT-HR3を操作し、動きや力を相互に伝達。映像や音声に加えて、アスリート等とのハイタッチや会話などを通じ、まるで目の前で交流しているかのような臨場感あふれる体験を実現

T-TR1(遠隔地間コミュニケーションサポートロボット)

T-TR1
  • 米Toyota Research Instituteで開発されている、カメラとディスプレイを搭載した移動型ロボット
  • 遠隔地にいるお客様をディスプレイ上に表示し、遠隔地にいながらあたかもその場にいるような没入感のある体験を叶える
  • T-TR1を通じて、大会イベント等に来られないお客様や大会に想いを寄せるお客様が仮想的に参加したり、コミュニケーションが取れる機会を提供する予定

HSRHuman Support Robot/DSRDelivery Support Robot(生活支援ロボット)

HSR : Human Support Robot/DSR : Delivery Support Robot
  • オリンピックスタジアムの一部の車いす席において、HSRがお客様の観戦席への誘導や物品運搬などを行い、お客様に心置きなく観戦を楽しんでいただけるようサポート
  • また東京2020大会専用に開発されたDSRが、専用タブレットからオーダーされたドリンク等の物品をお客様の元までお届け
  • 陸上競技種目にて実施し、オリンピック大会期間中で計約500 席、パラリンピック大会でも約500 席、トータル約1,000 席で車いす席観戦サポートを実施予定(各セッション 16組32席を予定)

FSRField Support Robot(フィールド競技サポートロボット)

FSR : Field Support Robot
  • オリンピックスタジアムでの陸上投てき競技等の運営に、自律走行機能を有するロボットを活用
  • 最適な経路を選択し自律で走行するとともに、運営スタッフの追従走行や障害物回避走行も実施しながら競技中の投てき物(槍やハンマーなど)の回収・運搬を行う
  • 回収時間短縮と運営スタッフの労力低減に寄与
  • 今後東京2020組織委員会、国際陸上競技連盟と連携し、東京2020大会に向けた技術開発を行う
【ガチで凄い】これが世界の最新ロボットだ!!This is the latest robot in

こんなのが「見張って都合の悪いことがあるとすぐ報告」

「イスラエル陣営」と「中国陣営」どちらが世界を監視しても、

やろうとしていることは、何も変わりません。

一見、超人的なロボットに見えますが、人間がこのロボットと協力して本来ある力を発揮した時に、
過去の文明に追いつき、追い越せる可能性もあることでしょう。

そんな組織とか関係なく自分を内観していれば、なにも問題なし。

過去もなく、未来もなく、今しかないのです。

この時代に

生かしていただいて 有難うございます。


自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
妄想屋

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

妄想屋をフォローする
世界情勢
妄想屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました