ビルゲイツ&ウォーレンバフェット氏の「新たな感染」の予想とインド予言者の「新たな感染」の類似

妄想屋の今日の一言

今日もぶっ飛んだ変な妄想をしていきます。
バフェットとビルゲイツさんについてです。
この二人は、世界でも5本の指に入る、富豪さんですよね。

この二人は、大の仲良しです。本出したり、卓球したり、美女と遊んだりしています。

で、この二人が、こぞって氣になる話題に触れています。
「新たな菌により感染が10倍に悪化する」とのことです。

ビリオネアのウォーレンバフェットがCOVID-19よりも悪い新しいパンデミックを予測

オマハのオラクル(予言者) として知られるウォーレン・バフェットは、新型コロナウイルスのパンデミックは 「想像できる最悪のものではない」 と主張し、新たに起きる 「それ」 を予測している。

「オマハのオラクル」 として知られるアメリカの億万長者ウォーレン・バフェットは、この経験が私たちに残した教訓にもかかわらず、人々がそれに立ち向かう準備ができていないため、将来COVID-19よりも悪い新しいパンデミックが来ることを確信しています。

今週、CNBCの ショーで、パークシャハサウェイのCEOは 「またパンデミックが起こるだろう」 と予測した。

準備ができていないということだと語った。

「私は人々が思っているほど多くのことを知らないことを学んだ。
しかし、最もわかったのは、パンデミックが起こる可能性があり、想像できる最悪の事態ではないということだ。」と90歳の有力者は述べた。

「これからが本当の感染の始まりです」と発言しているのでした。

ビルさんも同じようなことを言っています。

ビル・ゲイツ、次のパンデミックが10倍悪化する可能性があると警告

ビル・ゲイツは、ドイツの日刊紙SüddeutscheZeitungとのインタビューで、 人類は将来のパンデミックに備えておらず、コロナウイルス危機の教訓から学ばなければならないと述べています。

パンデミックは「地球が揺れる、竜巻が来る、または天候が変わるのと同じように」、新しい常態の一部になっ ています。

したがって、起こりうる新しい病気から市民を保護することは政府の主要な任務にならなければならない、とゲイツ氏は述べ、国がよりよく予防してれば、現在の危機の範囲は大きく異なる可能性があると付け加えた。

私たちは次のパンデミックに備える準備ができていません。数年以内に状況が変わることを願っています。

ワクチン、検査、薬、疫学、フォローアップ-やるべきことがたくさんあります」とゲイツ氏は語った。

このパンデミックはひどいですが、将来のパンデミックは10倍深刻になる可能性があります」と、最近covid-19のワクチン接種を受けた65歳の慈善家は言いました。

同時に、ゲイツ氏は、新しい病気に対するワクチンの開発における科学的進歩を称賛しました。

「それは奇跡です。パンデミックが5年前に解き放たれたならば、世界はこの短い期間の後にワクチンを持っていなかっただろう」と彼は言いました。

これに関連して、有力者はワクチン接種のナショナリズムに対して警告し、国家元首と政府首脳に薬物を公正に配布するよう求めた。「パンデミックとの戦いで一人でいることはできない」と彼は結論付けた。

私たちは皆、コロナ以前の生活様式に戻りたいと思っています。

しかし、パンデミックに対する警戒意識を失ってはいけません。
感染症については、先手を打つことができます。

次のパンデミック発生までに、巨大診断プラットフォームのようなもの が構築されることを期待しています。

これにより低コストで迅速に、一週間で世界人口の20パーセントを検査 することができます。

また、次回はより迅速に治療が受けられ るようになることを望んでいます。

最も有望な治療薬のひとつが、モノクロ ーナル抗体です。
この人工抗体は、免疫システムのように、ウイルスにくっついてその能力を無効にし、死亡率を80%程度引き下げることができます。

このmRNAプラットフォームにより、新たなワクチンの開発能力も著しく進歩するでしょう。

mRNAは、開発が早まり、容易に貯蔵できるように なり、コストも下がるでしょう。
これはとても大きな進歩です。

将来のパンデミックを早期に止めるためには、場所を問わず、発生次第直ちに検知する必要があります。
これには世界規模の警告システムが必要 となります。
まったく新しい病原菌を発見した場合、感染症救急隊が、直ちに行動に移ります。

言うなれば、パンデミックの消防隊のようなものです。
彼らはロジスティクスを使用し、迅速に対応策を構築します。

彼らは、問題が発生すればどこにでも出動します。
次のパンデミックを阻止するためには、 巨額の投資が必要です。

しかしこれは、世界が入手できる最善の保険だと思います。
これらについては、私たちの年次書簡で詳しく紹介しています。

引用をまとめると、新たな感染力の高い菌が発生します。

  • そのために一週間で世界人口の20%を検査できる巨大プラットフォームを作ります。
  • 人口抗体のモノクローナル抗体による、クローン細胞が治療薬とします。
  • mRNAプラットフォームのデータが取れ、安定した開発能力が進歩できようになります。

ということでした。この人たちは、予測ではなくて計画です。そうやってお金儲けをするのがトップの事業家の勤めになっております。

私の意見ですが、

モノクローナル抗体もmRNAも一時的には効果があるかもしれませんが、
その時だけで、他のウイルス(インフルエンザ等)の抗体がなくなるように感じるのでした。

モノクローナルとは、抗体遺伝子断片をクローン化し、目的の抗体を選び出すことが、遺伝子組換えをするそうです。専門家ではないのでよくわかりませんが、結局はmRNAと同じで細胞をクローン化して悪いとされる菌を封じ込めるのだとか、、、

ペプチドアレイで高品質な抗体解析のデータ取得をめざす!

これはかなりの数の死亡者が出るのではないでしょうか?
だって、人間の体は、絶妙なバランスでできています。怪我をして自動にかさぶたになって治るものをみたことがありますか?そのかさぶたの機能をなくすことになるかもしれないのです。
自然でないことをしているように感じるのでした。
癌と言う字をみてください。やまいへん(病気)の原因は、山ほどの品を口にいれたから癌になるのです。

「空腹」にすると免疫アップします。そうすると癌になるものをやっつけてくれるのです。

この計画は、いつものあたかも賢そうに見せて、一般の人には。分からなくして目的を達成しようとする「氣」がします。
デジタル監視とムンショット計画へのプラットフォームと遺伝子組み換えなのでした。

中東がどんぱちしているので、その動きを止めるためにその地域から広がっていくのではないでしょうか?

インドのアナンド君も同じようなことをいっているのでした。

インドの天才占星術師「5月26日は異常で、9月に第3波の流行がピークに」

インドの天才少年占星術師アビギャ・アナンド君がこのほどYouTubeに投稿した最新の予言によると、6月28日から木星が山羊座に徐々に接近し、9月には山羊座に完全に移動するため、9月から10月にかけて新型コロナウイルス(中共ウイルス、SARS-CoV-2)のパンデミック第3波がピークに達する。11月以降はかすかな回復の兆しがあるが、来年の5月以降には明らかな回復が見られ、景気も好調になるとのこと。

 アナンド君は3月に、5月26日は特別な日であり、今年最大の暗血色の月「ブラッドムーン」が出現すると警告した。「ブラッドムーン」はかなり稀な天文現象で、宗教や歴史書では不吉な前兆とされてきた。聖書の『黙示録』にも、「ブラッドムーン」は大事件の予兆であると書かれている。古代中国では、「ブラッドムーン」は最も不吉とされ、世の善の衰退と悪の台頭を意味する。また、古代ヨーロッパでは、「ブラッドムーン」は悪魔の復活や世界が血に染められることと予言されている。

 アナンド君は、流行を避けるための7つの方法を人々に伝えた。それぞれ神への信仰に立ち返ること、免疫力を強化すること、間違った治療をやめること、財産を管理して黄金や土地に投資すること、ポジティブな感情を広めること、精神面の健康に注意すること、自然の中に入ることである。

(翻訳・徳永木里子)

無駄に考えすぎず、かまってちゃんが「またやっているよ」と氣を軽くして自分の「今」にコミットすることが大切です。

生かしていただい 有難う御座います。

タイトルとURLをコピーしました