フランスで「衛生パス」が始まり25万人がデモ!くぽくぽの力が大切

世界情勢

最近は隠すこともせず堂々と支配者は、計画を進めようとしていますね。。。
プラン通りで「つまらにゃ!」
もうそんな世間のネガティブ波動合わなくなってきちゃいました。
一応そちら側の情報を提供していますが、興味が薄れていくのでした。
「かまちょ」に対して優しい目で受け入れて肯定すると「かまちょ」が勝手に恐れて自暴自棄になる感じです。
そうすると向こうが寂しさから人に優しくしようと思ったりする。

なんか、茶番劇の映画を見ているような感覚になってきました。
だって私の「今」が幸せだからです。

計画が想像通りなのは「証明 パスポート」が始動したからです。

で権力者に対して反対を起こして二つの対抗馬をつくり戦わせる。

150都市で抗議が広がっているようです。
国からの指令で飲食店に補助(少しばかりの目の前のお金)を受けているようですが、その末路は、客がいなくなり自分の首を自分で閉めているようです。

お客さんにいい物・いい味を提供するためことが目的なのに、自分の飯や権力者に従うことが目的になったら味も落ちて人がこなくなります。
 それは、芸術でも音楽でも建築でも同じことです。そんな先に待っているのは、食品や飲食店の末路は、コンビニのご飯です。

自然の中で育ったきゅうりは、一つずつ味が違い、果実は酸っぱいものや甘いものがその環境で変わっていきます。コンビニの化学調味料で依存したくなる薬を入れているものよりも、自然の中で育ったものは美味しく感じます。
「すべてのものは与えられている」のです。

話がそれましたが、

衛生パス義務化で、フランス人は、ベルギーで娯楽を楽しんでいるのでした。

自由もの国ヨーロッパが「法律」「憲法」が誰かのご都合で勝手に変えてしまう。国民のためとか言って全然国民のことを思っていないことがわかってきてしまっているのでした。

しかし、徐々にヨーロッパの全土に衛星パス義務化が進んでいくでしょう。

もうわかりきっていて、「つまんにゃ!」のですが
マイナンバーと紐づけて進めてくのか、チップかスマホなどで証明の紐付けをしていくのかそのツールはなんでもいいのでした。

まるで、火の鳥の未来編にある「超賢い知能」が管理している社会で、証明書によってその人の価値がわかる未来の話を思い出すのでした。

権力者は、支配をしているつもりで、私たちのものを使いたいなら、顔認証やチップや証明書などで私たちの支配下に入りなさい。こうして売ったり買ったり行動までもができなくしようとしているのでした。

獣の刻印「666」のもとですべてが統治されていくのでした。

しかし、一人ずつがそのシステムを知り、各々できることをするようになってきているのも事実です。

海と川と古民家でのんびり過ごす一人暮らしの日常【田舎ASMR】Relaxing summer life in an old house【Countryside Life】


庶民が疑問を持ち行動されると手駒がいなくなので困りますが、支配者は、把握済みです。
それを賄うためにチップをいれて、ロボット型人間を作り出そうとしているのでした。

2025年からさらに推し進めていき、最後の目標は2030年とのことです。

そのために世間でひたすら問題発生→問題解決
これを繰り返していくことがよくわかります。

そんな「かまちょ」にフォーカスするよりも一人ずつがしっかり生きていけばその「かまちょ」も優しく生きるようになるのでした。

見えている計画なんて「つまんにゃー」ので私は、畑やったりブログやったり虫と戯れたり瞑想して「くぽくぽ」する世界をイメージして行動しているのでした。

生かしていただいて 有難う御座位ます

タイトルとURLをコピーしました