中國共●党の崩壊は、イスラエルが元

成功者や事業家は、大概のことはある程度のことをは目を瞑り「優しい顔」をしています。
しかし、その相手の態度の限度が過ぎると「舐めるなよ」と目をギロリと睨み付ける必要もある。
それは、世界情勢も同じです。

今回の妄想は、バチカンの停電がありました。

①中國共●党がイスラエルに噛み付いたのが原因

中国共●産と暗黒面に染まった人は、パンドラの箱を開けてしまった。
ありとあらゆる手を使い、とうとう国際テロ組織まで作ってしまった。

ここから中国共●党の崩壊は始まったのである。「善良なるユダヤ人」がイスラエルからトランプを派遣したのだ。

イスラエル入植加速、トランプ政権下で駆け込み



【カイロ=久門武史】イスラエルは占領地で入植活動を加速している。イスラエル寄りのトランプ米大統領に代わり、入植活動に批判的なバイデン前副大統領が政権を担うのをにらんだ動きとみられる。
イスラエルは15日、パレスチナが将来の国家の首都と位置づける東エルサレムにあるユダヤ人入植地で、1257戸の住宅建設の入札を始めた。パレスチナ自治政府は「エルサレムをパレスチナから切り離すものだ」と激しく反発した。

10月にもイスラエルはパレスチナ自治区ヨルダン川西岸にユダヤ人入植者の住宅約5千戸を建設すると決めている。活動団体ピースナウは、今年の建設承認件数が1万2千戸超と、2012年以来で最多になったと発表した。
バイデン氏は将来のパレスチナ国家とイスラエルが共存する「2国家解決」を支持する。副大統領だった10年、イスラエル訪問中に入植者住宅の建設計画が発表され、ネタニヤフ首相との会食に1時間半遅刻して不快感を示した逸話がある。
バイデン政権は「入植活動へのトランプ氏の政策を巻き戻す」と米中東研究所のハリド・エルギンディ上級研究員はみる。イスラエルには、入植を事実上容認したトランプ政権の後ろ盾があるうちに、入植地を固定化する思惑がありそうだ。
国際社会からはイスラエルに対する懸念の声が相次いでいる。国連は16日「建設は国際法違反」としてイスラエル当局に取りやめを求めた。欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表も「国際法に沿った2国家解決に深刻なダメージを与える」と非難した。
入植地を巡ってパレスチナやアラブ諸国は、イスラエルと長く対立してきた。ネタニヤフ首相はアラブ首長国連邦(UAE)との国交正常化に当たり、入植地の併合を一時停止すると表明していた。

戦争になるので賢いユダヤ人は避難とも受け止めることができます。

以上の記事からもイスラエルとトラさんの関係性がわかる。
また、バイ電政権がどっち側かなのかはっきりわかるニュースである。

以前にも語っているが、ユダヤ人が移植したところが栄えます。

この方程式は、どの歴史から考察しても分かります。。

この人たちが立ち上がって中国共●党は、「自分の欲」のみで、形振り構わず手を出した結果
「いい加減にしろ」と睨みをきかせて、徐々に経済的圧力などをかけていき、
「今」に至るのです。

②五芒星(ペンタグラム)と六芒星(ヘキサグラム)

日本人はユダヤ人との関わりがあるとされています。
「日ユ同祖論」です。
2700年前にアッシリア人に追放されたイスラエルの失われた十支族の一つとする説があります。
日本の「古墳」や「君が代」や「鳥居」からでもへブライ語が度々発見されている。
これは「ユダヤ」の血を多く残しているのであるのかもしれません。
ヤコブの子が作ったので、記憶で作られているので、目に見えるものには多少の誤差があると思います。
その土地柄に合わせることもあります。
日本は言霊の国です。また、神社わかるように京都の「大文字の送り火」も「大」なのかもわかるであろう。

畿内逆五芒星の謎

ここでご紹介する畿内逆五芒星(きだいぎゃくごぼうせい)とは、近年ネットなどで度々話題になる奈良の平城京を取り囲む巨大な五芒星です。
これは、古事記や日本書紀に記載されている神社と聖地を結んだ五芒星の中心が奈良の平城京になることから、これらの神社が平城京を取り囲むように意図的に配置されたのではないかという仮説です。また、元伊勢と伊吹山を結ぶ東西の直線は、西は出雲大社、東は富士山につながることも知られています。
もちろん、古い遺跡や神社はこのほかにもたくさんあるので偶然の一致かも知れませんが、なかなか興味深いですね。
kinkimap-490x500

 

伊勢神宮:
正式名は「神宮」、言うまでもなく社号として神宮号を名乗る神社の中でも別格中の別格と言える存在で、天照大御神(アマテラスオオミカミ)を祀る皇大神宮(内宮:ないくう)と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮(外宮:げくう)があります。
天照大御神は、太陽が神格化した神様であって、その両親は、日本(大八島)を作ったとされるイザナキとイザナミ、その兄弟は、ツクヨミ(月の神様)とスサノオです。
熊野本宮大社:
家都美御子大神(ケツミミコノオオカミ=スサノオ)を主祭神とする神社です。つまり、伊勢神宮の天照大御神の弟にあたります。暴れん坊のスサノオは、高天原(たかあまのはら=神様の世界)を追放された後、8つの頭と8本の尾を持った巨大な怪物「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」を退治して天叢雲剣※2(あめのむらくものつるぎ)を手に入れた伝説で広く知られていますね。
伊弉諾神宮:
その名の通り祭神は、伊弉諾尊(イザナギノミコト)と伊弉冉尊(イザナミノミコト)の2柱です。日本神話の国産み・神産みに登場し、国産み・神産みを終えたイザナギが、最初に産んだ淡路島多賀の地に鎮まったとあり、伊弉諾神宮の起源とされています。
イザナミは、神産みの半ばで火の神「カグツチ」を産んだ時の火傷がもとで死んでしまい※1、後に黄泉国(よみのくに:死者の世界)の黄泉津大神(ヨモツオオカミ)となります。
元伊勢 外宮豊受大神社:
元伊勢(もといせ)とは、神宮が、現在の伊勢神宮の地に遷る以前に祀られたという伝承を持つ神社のことです。京都府福知山市にある豊受大神社(とゆけだいじんじゃ)が、その伝承地のひとつとして知られていて、豊受大神宮(伊勢神宮外宮)の元宮であるとの伝承から、「元伊勢外宮」とも言われています。
伊吹山:
神社はありませんが、記紀にも記載があることから、かなり古くから聖地として知られていたと考えられます。第12代景行天皇の息子である日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は、東国平定の際に白い大猪に姿を変えた伊吹山の神(荒神)と戦います。
この時は、草薙剣※2(くさなぎのつるぎ)を婚約者で尾張の美夜受比売(みやずひめ)に預けてきたために素手で戦いますが、この時の痛手がもとでヤマトタケルは亡くなります。

北を上と考えた時相手に見るように普段は起き、お盆に還ってくる時に大の字を
反対向きに起き宇宙の法則ができるのである。

五芒星(ペンタグラム)と逆位置の逆五芒星の意味で合わさり完成するのである。

そして、最終的にフラワーオブライフに成っていきます。

五芒星(ペンタグラム)と六芒星(ヘキサグラム)の違いは、
「五芒星」は「精神的エネルギーを安定させる働き」
「六芒星」には「精神エネルギーを強める働き」があるとのことです。

逆にするのは、目に見えない存在の敬意を念って、行われるように感じます。
完全な妄想です。

イスラエルの旗を見ても分かります。

三角形と逆三角形が合わさっています。

③バチカンの停電の理由=ペンタゴン=ファルネーゼ

バチカンの停電の理由=ペンタゴン=ファルネーゼ

イエズス会が関わってきます。地下鉄のさ●りん事件や江戸の時徳川家と色々一悶着あるのですが、、
この考察は多くの方がしてくれていますので、詳細までは載せません。

左側の写真が イタリア ローマ近くのカプラローラ地方のファルネーゼ宮殿
右側の写真が アメリカの国防総省は現代のファルネーゼの居城

これが偶然でしょうか?

④なぜ、一時期はよくても暴走するのか?「感謝」することが大切

どの国でもどこに住んでても同じなのです。
それは人間の「虚構」です。
自分の都合のいい「虚構」をつくることにより「聖書」「歴史の教科書」「教育」「マスメディア」等々
あらゆる手を使い「ご都合主義」にするのです。
そんな「嘘」がいつまでも続くわけではありません。
そうすると現代みたいに大きなイベントに発展するのです。
虚構は「自己愛」「自我(エゴイズム)」等が密接に関わっています。

嗅覚を研ぎ澄ませた漫画鬼滅の刃炭治郎危険な匂いがします。

「憎しみ」や「恐怖」などの「不倶戴天」という感情を受け取ります。

閑話休題

もし、とらさんが「憎しみ」や「恐怖」で次の時代のプラットフォームを作っても、
「憎しみ」と「恐怖」が多くなっています。そうするとまた新たな「トランプ」が崩壊させます。
そこで、釈尊やソクラテスがお勧めしている「カースト制」は、意識レベルの高い人による政治です。
そうすれば、「憎しみ」や「恐怖」で作るものではなくなります。

「この200以上の区別ができないではないか?」と思われる方もいい質問です。ありがとうございます。
とてもいいことに、「意識レベル」は誰にでも容易に計測ができます。
筋肉の硬直を使い無意識を感知することができるのです。

またまた漫画の鬼滅の刃が分かりやすいです、

この核が共時性があるみたいなので筋肉が無意識に反応し意識のレベルが測れるのです。

詳しくは、パワーとフォースを読むと分かります。

「今」あるツールを上手に使いまた新たな人間関係を構築する
次の時代に突入しています。
私たちも波に乗り、生きていくことが大切です。
それが、「You Tubu/SNS」などです。

その物質的なことも大切ですが、どの時代でも有効な原理原則があります。
「感謝」をすることです。
イスラエルのユダヤ人も「感謝」は忘れません。嘆きの壁(エルサレム)が有名です。
日本人も出雲大社の素鵞社の裏側に石に「感謝」します。
始まりとされる土地に不思議な類似がありますね。

生かしていただいてありがとう御座位ます

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
妄想屋

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

妄想屋をフォローする
妄想屋の今日の一言
妄想屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました