火の鳥の未来編が現実味を帯びてきたのか? 中国のコロニー

こんばんは、今日は火の鳥(未来編)の世界の話をします。 

火の鳥でいくつかのコロニーがあって人口知能によって人間が管理されている。悪いことをすればすぐにカメラや機械によってわかる世界。機械(ロボット)と恋をしてしまう主人公が犯罪行為とみなされ管理下のコロニーから抜け出す。行き着いた先が研究所にたどり着く、人口知能の管理下ではない博士独自の研究所だった。そうこうしていると、そこに人口知能がコロニー毎に喧嘩をしてしまい。原子力爆弾を作動して、地球が破壊される。しかし主人公のみが火の鳥によって半永久的命を授かり、途方も無い期間を生きていく。そして繰り返し、海、大地、自然が蘇り、動物たちが生き返り、ナメクジが世界を侵略する。主人公はその後見守り続け、魂だけ浮遊するという物語だった。

そして、いろいろ調べているとやはり中国のコロニーとヨーロッパ圏のコロニーができるのでは無いでしょうか?

Wikiさんによると

wiki/天網

中国本土における武漢ウイルスにおいて市民の体温監視にも警察で使用された。
2010年代から天網工程は中国各地で試験的に始まり[10]、目標として2020年までの中国全土の導入 を掲げた[1]。2015年になると「雪亮工程」の対象である農村部を除く首都北京市内の100%をカバ ーしたと発表し[11]、2018年は16の省・直轄市・自治区で運用され[12]、2019年には世界120都市の うち1000人当たりで監視カメラが最も多い上位10都市はイギリスのロンドンやアメリカ合衆国の アトランタを除く8つの都市(上位5都市は独占)を中国が占めており[13][14][15]、2019年時点で中 国は約2億台を超える世界最大の監視カメラネットワークを擁し[16]、1人当たりでは米国(5000万 台)に僅差で次ぐものの小売業など民間が主に設置している英米と対照的に政府主導が特徴であ り[17][18]、監視カメラ業界では官公需で急成長したハイクビジョンやダーファなど中国企業がシ ェア世界一となり[19][20]、同じ中国企業のファーウェイ(HiSilicon)製半導体(SoC)は世界の半 数を超える監視カメラに内蔵された[21][22]。 2017年に貴陽市でBBCの記者がシステムを試した際は7分で身元を特定されて拘束されてい る[23][24]。速度は1秒で中国国民、2秒で全世界の人々を照合可能な毎秒30億回とされ[12]、これと 組み合わせるために中国公安部は音声・指紋・虹彩・DNAなど他の生体認証のデーターベースも 構築しているとされる[25][26][27]。2017年に中国公安部は警察向けの眼鏡型やヘルメット型のヘッ ドマウントディスプレイの開発を決定しており[28]、翌2018年には天網と思われるAIネットワーク と連動してインターネットの閲覧履歴にもアクセスできるとされるサングラス型スマートグラス を装着した警察官が春節の鄭州駅にて100ミリ秒(0.1秒)で7人の容疑者を特定し[29][30][31][32]、 ナンバープレートの照合も可能であることから北京の検問所でも投入され[33]、2018年時点で2000 人超の犯罪者の逮捕を天網で成功したとされる[12]。スマートヘルメットも導入されてお り[34][35]、中国本土におけるコロナウイルス感染症の流行の際は市民の体温監視にも警察で使用 された[36]。。 天網の開発には中国人民解放軍のMOOTW行動研究センターも携わり、TOP500で世界最速だった 国防科学技術大学の天河二号のようなスーパーコンピューターの処理能力を利用しているとさ れ[37]、天河二号とクラウドで連携してテーザー銃などで武装した警察のロボットも顔認証を行い ながら群衆を監視している[38][39][40][41][42]。中国ではディープラーニングが国民に対する当局の 監視強化を目的に急速に普及しており[43][44][45]、中国は世界のディープラーニング用サーバーの4 分の3を占めているとされる[46]。米国政府によれば2013年からディープラーニングに関する論文 数では中国が米国を超えて世界一となっている[47]。「ディープラーニングの父」の一人と呼ばれ ているヨシュア・ベンジオは中国が市民の監視や政治目的でAIを利用していることに警鐘を鳴ら した[48][49]。また、FRVT[50]やImageNet[51]などAIの国際大会で上位を独占する水準のAIデータ処 理技術を持つ中国企業が天網を支えているとされている[52][53][54][55]。また、マイクロソフトのよ うなアメリカ合衆国のハイテク企業は中国の軍部とAIを用いた監視技術を共同開発しており[56]、 国防高等研究計画局(DARPA)から資金の支援を打ち切られたアメリカの大学・企業の高性能な カメラ技術も使用されている[57]。このAIによる監視技術は中東・アジア・アフリカなど各国に輸 出されており[58][59][60][61][62]、国際連合の専門機関である国際電気通信連合(ITU)を通じて中国 が顔認証や自動車の識別などのAI監視技術の国際標準化も主導してることから同様のAI監視シス テムが世界に拡散することが人権団体などから懸念されている[63][64]。 中国では2010年から治安維持費が国防費を上回る規模で投じられており[65][66]、習近平総書記兼 国家主席は就任後から黒科技と呼ばれるハイテクを駆使して国内のより高度な管理社会・監視社 会化を推し進め[67][68]、治安対策へのAIの国家規模の本格的利用も世界で初めて表明し[69]、AIに ネット検閲を行わせ[70][71]、さらに官僚や刑務所の囚人から横断歩道の歩行者までも監視さ せ[72][73][74][75][76][77]、企業や軍で働く人間の脳波と感情をヘルメットや帽子に埋め込んだセンサ ーからAIで監視するシステムも政府は支援し[78][79][80]、中国国外のメディアは「頂層設計」と中 国共産党で呼ばれているこの習政権の政策を「デジタル独裁」[81][82][83]「デジタル警察国家」[84] 「デジタル権威主義」[85]「デジタル全体主義」[86]「デジタル・レーニン主義」[87][88][89][90]「デ ジタル圧政」[91]「AI独裁」[92]と評し、中国国内では国営放送であるCCTVで天網は習近平総書記 兼国家主席の功績の1つとして称賛され[93]、2019年の中国共産党中央委員会第4回全体会議(四中 全会)でも「AIやビッグデータなどで国家統治のシステムと能力を現代化する」としてAIによる 監視社会・管理社会を強化することを決定した[67][94][95]。 

AI管理社会ができている。そしてそして、これらを世界中に広めて全ての人間がカメラによって監視される日も近いだろう。

その中で、私たち一般人がどうやって生きていくのか?この管理下の元永遠に生きていくのか?それとも目覚めて生きていく人たちがいるのであろうか?最近の振動数を見ると、目覚めの時がきている。直感でわかります。集合している。目に見えないけど、おそらくそうです。しかし、目覚めない人たちはそちらの世界へまっしぐらでしょうか?

変なことで何を言っているのかわからないでしょうが、おそらく向こうの勢力も弱まっていることは間違いありません。その最もしての理由が、情報統制ができていないことにあります。それかそれすらもAIに委ねている可能性もありますが、自分が中国の共産権でありましたら、間違いなく消しときたいです。

このネットを使って、とても感謝していますが結局自分が使いこなせなければ、全くの意味がないおそらくそれを今判別しているのではないでしょうか?もし、デジタル・レーニンになってしまったら、おそらく人類は火の鳥のコロニーの世界になるのは近い将来なるのではないでしょうか?

また本似たような内容のすばらしい新世界のあらすじも載せておきます。

西暦2540年。人間の工場生産と条件付け教育、フリーセックスの奨励、快楽薬の配給によって、人類は不満と無縁の安定社会を築いていた。だが、時代の異端児たちと未開社会から来たジョンは、世界に疑問を抱き始め…驚くべき洞察力で描かれた、ディストピア小説の決定版!【「BOOK」データベースの商品解説】
西暦2540年。人間の工場生産と幼少期からの階級教育、フリーセックスの奨励、快楽薬の配給によって、人類は不満と無縁の安定社会を築いていた。だが、時代の異端児たちと未開社会から来たジョンは、世界に疑問を抱き…。直後、ジョンは、連絡を受け駆けつけた病院で危篤の母リンダを見舞う。ジョンは、ソーマの快楽に溺れるリンダを「死を恐れない条件反射教育」のために連れて来られた子供たちに邪魔をされつつ看取った。それにより怒りに駆られたジョンはソーマの配給を妨害するが、駆けつけたバーナードとヘルムホルツ共々警察に逮捕される。そして、世界統制官ムスタファ・モンドの元に連れて行かれ、ついにこの世界の全貌を説明された。世界統制官との問答の後、フォークランドへ島流しとなるバーナードとヘルムホルツと別れた後、ジョンは都市を離れ、田舎の廃屋で一人自給自足の生活を送ろうとするが…。

興味のある方は読んでください。少しでも本当の笑顔にみなさんがなれることを切に思っていおります。

ありがとうございました☺︎

自己紹介
mo~mo~mo~mo~妄想屋
妄想屋

アルティメットブロガー
伝説の始まり、アルティメットサイヤ人であることを想起。

目的
未来+αの情報を提供。
現在は、8つのサイトを運営。

1.世界情勢などの情報 妄想屋
2.人生の経験を生かす 自己啓発
3.本のアウトプットの場 千夜選書
4.外国人から教わった 英語の教え
5.建築現場監督の技術 建築トントン
6.無→有「宇宙の真理」 Buddhism
7.自然と人間のあり方 苔丸
8.幸せの波動で繋がる 幸せ掲示板

ここから私の物語の第2幕が始まる。

妄想屋をフォローする
コロナ世界情勢未来の話・宇宙・科学・AI
妄想屋
タイトルとURLをコピーしました