疑心暗鬼を見極める方法【肌の艶と眼をみる】

妄想屋の今日の一言

疑心暗鬼になっていくと「国」や「仲間」や「夫婦・家族の関係」が崩れていきます。
歴史を見ると中国は、疑心暗鬼で崩壊していきます。

妻たちの会話で「あなたの旦那この前女の人と2人で歩いているところ見たわ」と言われると
旦那を疑うようになり人間関係が崩れていきます。

過去のナチス ・ドイツ「ヒトラー」の時も同じように疑心暗鬼になり滅びていきました。

そして「中国」も同じです。
海外が羨ましく思いちょっかいをかけていきます。
自分のものにしようとしますが、領土がどれだけ大きくなっても
満足せず、最後は疑心暗鬼になり自暴自棄で滅びていきます。

日本も精神性がやられると疑心暗鬼になります。
人のなすことに不信感を持ちます。
相手の眼を見れば何を伝えたいのか、その人の「熱量」がわかります。

子供の眼は真っ直ぐと透き通っています。
吸い込まれそうな目です。

汚いことをした人は、汚い顔をしています。

自然の摂理です。
いくらバッチをいっぱいつけているからといって、
それは人間が考え出したバッチの一つにすぎません。
バッチも大切ですが、バッチによる「意味」が大切です。
その人の眼や肌の艶はうちから出てきます。
皆がその人の眼を見て判断する社会になりつつあります。

「綺麗な眼」と「汚い眼」を超賢い知能と人間の眼で選別しているので、
世界が荒れているように思います。
しかし、止まない雨はありません。
あなたの道がわかってきます。

肌の艶や透き通った眼を極めていくと最終的に光輪ができます。
釈迦やイエスは後ろに光輪があります。輝いているのです。

「運否天賦」あなたも本来の道を辿り生きていきませんか?
私たちの次なる道を皆さんで楽しくクポクポ生きていましょう。

生かしていただいて有難う御座います

タイトルとURLをコピーしました