47年間隠された「日本が始めた戦争ではない」 なぜ今あかるみになるのか?それは〇〇したいから、、、

妄想屋の今日の一言

やたらと最近見る広告があります。それが、日本人が知らない太平洋戦争の大嘘
というものです。

日本人が知らない太平洋戦争の大嘘

「太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、日米戦争を起こさせた。気が狂っていると言っても精神異常なんかじゃない、ほんとうに戦争をやりたくてしょうがなかった…その欲望の結果が日米戦争になったんだ」

頻繁に見かけるようになりました。
GHQによって日本はメディアを使って、「スポーツ」「セックス」「スクリーン」に
釘付けにしたと、、、、
なぜこのタイミングで盛り上げるように
カミングアウトするのか、不識義に思いませんか?

それは、次の新たな「超管理社会」をつくりたいからかもしれません。
新たな情報で国民を動かしたいよう思惑があるのでしょう。
その一例として

S●Gsやスーパシティではないでしょうか?
自作自演たちで国民等を困らせるために、
二つの勢力を作ろうとしているのです。

2021年、米中は核戦争へと向かうのか!?

今の段階でこれをはっきりと公言して警告しているのが私くらいですが、これが不思議でなりません。一番いいのは中国が自らバラバラに内部分裂してくれることですが、北中国と南中国の二つ程度の分裂なら、やはり米中戦争になる可能性があると思います。

今回は、NAT●軍 VS 中● なのです。
そして、今の社会システムを造った人は高みの見物をして「お金儲け」と「支配」をしていくのでした。

元パナソニック幹部の高木さんは、
核戦争の戦いで私たちは、終焉に向かうという予知夢をみていたとのことですが、

これは、パヤオさんもきのこの爆発を描いている。

あたかも「力」があり、おっかないように見えますが、
実は、支配者自身が一番恐怖を感じているのです。
この財産がなくなる。今までの良心に背いたことは、
どこか心の奥底では、歪みとなります。

働ど働ど、幸福にはならない社会システムなのです。

真面目な人ほど馬鹿を見る。

ここで、3度目の正直で、
人類が新たに「氣」がついている人も数多くいるので、

今までの社会システムを作っている人が
いつもの戦争の引き金が引きにくくなくなっているところもあります。

民間人たちに知れ渡っていることがよくわかります。
少し困っているようにも思います。

このまま押し進めたらおそらく
人類の半分以上はどこにも所属をせず
自分たちのもっているアイデアでプラットフォームを創り生きていくことになります。

そうすると、あの人たちは大恐慌という名をつけて、
めちゃくちゃな世界だと演出をします。

人間は死ぬ時に死にます。
それは、絶対です。
あなたはどうやって死ぬために生きたいでしょうか?

どこにいても「感謝」の心を持ち行動する人は人を引き寄せ、
どこのプラットフォームにも大切な存在です。
肉体があるので、まだまだ何かしらはできることがあるものです。

精神的に心を鍛えていきましょう。
完璧ではありませんが私もあなたもそして生きとし生きるもの全ても「ありのままで完全」です。

生かしていただいてありがとうございます。

スポンサーリンク
妄想屋
タイトルとURLをコピーしました