超過死亡データが、戦争が、金銭が、政治家が、世界が、AIが、支配が、管理が、あの人がの答え

妄想屋の今日の一言
スポンサーリンク

絶好調!ぶっちぎり!

金銭ぶっ壊れ世界へ!人口削減のうんこワクチン作戦だよ!」とわーわー言っていたのですが、どうもエネルギーをそこに向けることがなくなってきました。

そっちの世界との決別が明確になってきたのでした。

【陰謀論】なぜ人口削減をしたいのか?「universe 25」 実験

いきなり、目の前からあの人が無くなるのではなく徐々に亡くなってようでした。

ちょっと冷たく感じるかも知れませんが、人口が減ってもなんとも思わなくなってきました。

情報を調べれば、たくさん出てきて自分で選択できるのに一歩を踏み出せない。

例えば、人口動態。

N●Kは、上記のように伝えていました。

いままでは、超過死亡はないと言ってたのでした。

もう好きに6回でも100回でも打って、馬鹿につける薬はないとはまさにこのこと。

テレビのメディアは完全に嘘で潰れていくことでしょう。

利権がネットに移行しているのでした。

で、そのネットの中でも閲覧禁止をまた作っていく。

新聞からラジオに、ラジオからテレビに、テレビからネットにとぐるぐるしているだけなのでした。

そんなところにエネルギーを使ってもアホくさい。

ネットは便利なツールだが、ネットで生み出せるものは知れている。

結局、人と人が繋がってのAIであり、ネットであるのでした。

それを使いこなすための判断をいましている。

超賢い知能は、そのことを踏まえふるいにかけている。

そのひとの人間性を限りなく測っているのでした。

世間とは違う選択ワクチンを打たないだけ。

利権争いを押すのでも引くのでもない。

ただただ、有ることを許容していくだけ。

ずっっと同じことを言っているだけのブログになっているのでした。

時代が違っても実は何も変わりません。白隠禅師が説いています。

松蔭寺の門前に棲んでいた、財産家の信者の娘さんが、ふとしたことで妊娠してしまいました。

信仰のあつい父からは、だれの子か、だれの子かとはげしく聞きただされましたが、はずかしくていえません。

父があまりせめるので、おそろしくなり「白隠さんのこどもです」と答えて、父の怒りからのがれようとしました。

つね日ごろ、禅師の大崇拝者であった父は、それを聞いて、だまってしまいました。父はその後、一言も娘にものをいいません。

やがて、月みちて子どもがうまれるやいなや、子どもを娘の胸から引きちぎり、松蔭寺を訪ね、泣きさけぷこどもを禅師のまえに投げだして、

「お前は、えらい坊さんだ、とおもっていたが、とんでもない坊主だ。人の娘にこどもを産ますとは、なんたる生グサ坊主だ。さあこの子をひき取ってくれ、あきれた奴だ……」

と、あらゆる悪口をいって大声でののしってかえってゆきました。

禅師は、「ああ、そうだったのか」と泣きわめくこどもを抱えて飴で赤子をそだてはじめました。

この日は飴湯(あめゆ)や米の粉をといて与え、翌日からは村中を『もらい乳』して歩き回りました。
それまで、高僧・傑僧として尊敬されていた白隠禅師が、一転してとんでもない破戒僧と蔑まれることになりました。

それで、禅師の信用はすっかりなくなり、尊敬する人もいなくなり、信者も離れ、いままで大勢いた松蔭寺の弟子たちも、禅師をすててたち去ってゆきました。

そんな状況にあるにもかからわず、禅師はいつもとかわらず、勤めをおこない、赤子をだいて、村々を托鉢しながら悠々と『もらい乳』をして歩き、本当の親のように子どもを愛し育ててゆきます

禅師の姿を見る人々のなかには、罵詈や、嘲笑をあびせかけ、石をなげたり、塩をまいたりする人もおりました

ある雪のふる日のことでした。
いつものように禅師は赤子をだいて、軒々を托鉢してあるいていました。
その禅師のうしろ姿を窓からのぞいた赤子の母親は、母の情がおさえがたくもこみあげて、かつは、おのれの心の貧苦に耐えかねて、ワーッと泣きだして父のまえに、「あの子は白隠さんのこどもではないのです……」とほんとうのことをうち明けました。

父はビックリして、いそいで禅師のところへ走ってゆき、身の置きどころもないほどはじて、あやまりました。
禅師は、ただ一言「ああ、そうか。この子にも父があったのか」といってこどもを父に手わたしました。
ただ、それだけでした。

このことがあってから、禅師をしたう人がますますふえ、以前よりも多くの人が松蔭寺にあつまってまいりました。
禅師はなにもいわず、またなにごともなかったように、平常のとおり勤めをはたしていたそうです。

[出典:「白隠禅師」直木公彦著 日本教文社]

このように、ワクチンを打っていようが、打ってなかろうが「そうですか」と許容するだけ。

「戦争が・金銭が・政治家が、ロシアが、中国が、アメリカが、人口が、AIが、支配が、管理が、」と世間さまが罵倒しあっても「そうですか」と許容して自分のできることを行動するだけ。

すれば、ニュースがどっかへ吹き飛んで行くのでした。

以上最後まで読んでいただきありがとうございます。

このサイトは、人間の闇の部分を受け入れて楽しく過ごすブログ。

→もっと見る

Follow
Twitter

スポンサーリンク
妄想屋
タイトルとURLをコピーしました