Yah〇〇!ニュース、動物摂取実験5回目から死亡激増!ユ●ヤ迫害ならぬ、ノーワ●チン者迫害へ

妄想屋の今日の一言

ウソ太郎ならぬ。
河野太郎さんが自慢氣にこんなツイートをしていました。

日本の半数は、2回目を完了。

ついに、日本国民の2回目摂取が半数を超えてしまいました。

一方アメリカでは、証明書の義務化に罰金をするとのことでした。

違反店には、11万円から55万円の罰金だそうです。
おフランス・イタリー・オランダと続きアメリカでも罰金。
そして日本もパス化が12月からスタートでした。
そんなこんなで不満が溜まってしまった国民は、
ウォーーーーウォーーーーウォーーーー
やってられるか!!!
現象が起きています。

4ヶ月くらい前の少し古い情報ですが、
ニューヨークが世紀末「カオス化」しているとのことでした。

フランスでも「カオス化」しています。

日本人の我慢強さでも流石に
不満爆発「カオス化」する可能性があります。

そんな中、驚いことにヤフーニュースで
mRNA型じゃないワクチンの開発者さんが
後で責任追及が来たときの伏線として、
ワクチンについての真実を載せています。

すべての新型コロナ変異株に対応?「口内に噴霧」の非mRNA型予防薬、商品化へ

 

【寄稿】パンデミック収束に、ワクチンは重要な役割を担う|
東京理科大学名誉教授 村上康文

非mRNA型予防薬「murak抗体(ムラック抗体)」の開発者、東京理科大学名誉教授 村上康文氏は、同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、5回目から死亡する例が激増。
7~8回繰り返すと半分近くが死亡するという動物での研究結果もある」とも話す
が、Forbes JAPANでは上記(「まず、国が推奨しているように2回の接種を行うことが一般的な選択肢である」)を前提に、村上康文氏に、今後についての提言を寄稿していただいた。
「ブースター接種」には慎重なアプローチを一方で3回目以降の「ブースター接種」についてですが、とくに慎重に進めていくべきであると考える研究者は、私を含め、少なくありません。
「すべての新型コロナ変異株に対応?『口内に噴霧』の非mRNA型予防薬、商品化へ」でも述べたように、現状認可され、世界で使われているワクチンはすべてウイルスの(毒性のある)スパイクタンパクの全長を使ったワクチンです。
これを、5回とか6回とか7回、人体に接種することにはリスクが伴う可能性があることを、ワクチン開発者は認識すべきでしょう。
またこのことが、われわれが今回、「口内噴霧型」、非mRNA予防薬開発に着手したそもそもの端緒でもあります。

皆様の好きな「名誉ある学歴の持ち主」でもあり
専門家である東京理科大学名誉教授の発言です。
「口内噴霧型」ワクチンにも驚きましたが、、、
これは、今後3・4・5・6・7回目と打とうとする
イスラエルさんや諸国にとっては激怒する記事ではないでしょう。
炎上して記事が消されるかもしれません。

そして、ここから私の妄想タイムです。
第2次世界大戦では、ユ●ヤ人迫害でしたが、
第3次世界大戦では、ノーワ●チン者迫害がおきる可能性があります。
ある会社勤めをしている人から聞く話によると

同調圧力で半強制的に摂取をさせられる。
そして「まだ打っていないの?」と
陰謀論にハマった人や可哀想な人、哀れな人として
LI●Eなどで色々なリンクを送ってくるそうです。

世間では、我々は陰謀にハマった可哀想な人たちです。

そのうち、同調圧力でノーワ●チン者を追い出していくことでしょう。
こうやって完全に世界は2分化されつつあります。

実際は、ワ●チンを打っても感染者は急増するばかりです。

同調圧力で生きていく人たちは、3・4・5・6・7回目を
打つうちに徐々に死亡者が激増するでしょう。
同調圧力がかかる期間は、
人生のうちの40分の1くらいの期間だけです。
「陰謀論にハマった同調圧力に動じない自分の頭で考える人々」が
各々・各地で自然と触れ合うプラットフォームを創っていくことでしょう。
歴史は繰り返しそうです、、、

迫害にあいそうになったら、夜逃げでもして田舎へ行ってみましょう。
自然による「中立」が待っていますが、宇宙の摂理をそのまま受け取ることができるでしょう。秋冬から「自然災害」をはじめ、インフレ等々目の見える形で現れていくでしょう。
と言う妄想でした。

生かしていただいて有難う御座います。

タイトルとURLをコピーしました