Goo●●eやYah●●さん「人間」と調べるとコロコロワクティンティンの副作用人に似ている件


妄想屋の今日の一言

コロコロワクワクティンティンの副作用を乗せている情報がありました。
こんなふうになりたいのでしょうか?
短期間の実証でこれですから、長期的に見たらどれだけの
人間ではない人間がうまれてくるのか?

モデルナ社のコロナワクチンの臨床試験

モデルナ社の内部告発者によると、モデルナ社のコロナワクチンの臨床試験に参加し2回目のワクチンを打った被験者1万5千人のうち、3人に恐ろしい副反応が出ました。それはモンスタリズムと言われる変性疾患であり、肉体的奇形と精神異常の症状が現れます。(被験者3万人のうちの半数はプラシーボ(偽薬)を注射されました。)モデルナ社へは、1回目のワクチン接種後にも副反応があったと報告されましたがその事実を隠蔽しました。
米政府はモデルナ社のワクチン開発に十億ドルもの支援金を提供していました。

被験者の一人(男性)は、ワクチンを接種した2日後に、頭痛、吐き気、体毛が全身に生える、上腹部の食後のブドウ糖濃度の拡大?などの症状に苦しみ、モデルナ社に電話をかけ、これらの症状が出ていることを伝えました。しかしモデルナ社は「そのような症状は正常であり心配することはないが症状が翌朝まで続くなら近くの病院の緊急治療室で治療を受けてください。」と答えたのです。

翌朝、彼は病院に駆け込みましたが、彼の顔は完全に変形していました。頭部も通常のサイズの3倍まで膨れ、顔には大きなこぶができ、こぶの中には緑膿が溜まっていました。
さらに彼の歯はどれも破裂したような状態になっていました。彼はすぐにコロナ隔離病棟に送られましたが、数時間後、全身に体毛が生えました。まるでチューバッカのようでした。

モデルナ社のワクワクティンティンもmRNAワクワクティンティンのようでした。

Moderna社、新型コロナ向けmRNAワクチンの第1相結果をNEJM誌に発表

米Moderna社は2020年7月14日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するmRNAワクチンmRNA-1273について、第1相臨床試験の中間解析の結果を著名な医学雑誌であるNEJM誌のオンライン版に報告したことを明らかにした。この臨床試験は「mRNA-1273 Study Group」に参加している米Kaiser Permanente Washington Health Research InstituteのLisa A. Jackson氏らが発表したものだ。

遺伝子組み換え人造人間ができ作ろうとしているので、
そりゃー副作用もでますがな、

そして、Goo●●●さんに「人間」と検索すると、こんな画像が

副作用がある程度わかっているから予想ができるのしょうか?
とても似ているように思う。そしてやたらと奇形人間がのっていることにびっくり、、、、

「ワクワクティンティンやますか?」
それとも「人間やめますか?」

様子を見て2年後くらいのワクワクティンティンなら考えますが、
現段階で打つのは、どうかとおもっています。
DNAも書き換えちゃうぽいこともちらほらでてますし、、、
ムーンショット計画のドラえもんにも記載していますが、やつらは

ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

目標1:2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現
目標2:2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現
目標3:2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現
目標4:2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循
目標5:2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出
目標6:2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現
内閣府

「人間の形をしたロボット」と「自然と触れ合う宇宙人」になるかの
分かれ道です。

あくまで自己責任にしているのは「宇宙の法則」は破れないからなのでしょうか?
そのために一応「任意性」にするが、大衆心理で圧迫してきますが、
大衆たちが断ったらなにも進まない計画ですが、、

100万に近くもう打っている。
結局「自分で考え生きてきなさい」でないと苦しむことになると優しく
教えてくれているのでしょう。

感謝して行動していきましょう。

生かして頂き有難う御座位ます。

タイトルとURLをコピーしました