「陰謀・デマ」をゴリ押し 俯瞰すると笑える話

妄想屋の今日の一言

最近は、テレビを全くみないのですが、
大手メディアの情報を見ていると面白くらいに
「陰謀・デマ」で支配者は押し切っています。

こんな話をニュースでよく見かけます。
家庭がぶっ壊れてしまったのを引き寄せた男性の話や
奥さんが旦那の悪口をいう話です。
大変失礼だとは思いますが、当人は真剣な悩みのようです。
人の悩みは、軽く見え自分に降りかかると大きく見えますよね。

温厚だった妻、陰謀論の動画にはまり「まるで別人に」
[虚実のはざま]第4部 深まる断絶

「妻はまるで別人になってしまった。一緒に住んでいても、違う世界に行ってしまったように感じる」西日本に住む会社員の男性が悲痛な声で語る。
昨年まで、妻や娘とよく遊びに来た公園を訪れた男性。「今はどう向き合えばいいのかわからない」と話す
専業主婦の妻は温厚な性格だった。アレルギー体質の男性を気遣い、妻は手間をかけて食材を選び、食事を用意した。
新型コロナの感染拡大初期は毎朝、「怖いから気をつけて」とマスクを手渡してくれた。男性が異変に気付いたのは昨年夏頃。妻はマスクを着けなくなり、とがめられると激高した。「コロナなんて全部ウソなのよ」ユーチューブで目にした陰謀論の動画にはまり、毎日、似た内容を見ているうちに影響を受けたためだった。男性は今年に入り、コロナやワクチンに関する公的機関の見解をまとめた資料を作った。接種するかどうかを、正確な情報を基に話し合おうと思ったからだ。
だが、豹変(ひょうへん)してしまった妻は「闇の政府にワクチンでコントロールされる」「国やメディアが真実を隠している」と泣いて反発し、平行線だった。
夏に接種券が届くと、小学生の娘が男性に言った。「パパ、打つのは絶対やめて」
妻は、接種事業の中止を国に求めるグループに入り、娘も参加させていた。
夫婦の会話はなくなり、男性は仕事後、深夜までネットカフェで過ごすことが増えた。
何度も離婚を考えたが、娘の将来を思うと踏み切れない。
ユーチューブでデマを発信する人物の目的は、金もうけだと思っている。
「家庭をめちゃくちゃにされた。許せるはずがない」。男性は拳を握りしめた。

どう接すれば
<陰謀論に振り回される親を見るのが悲しい><信じているものが違いすぎて全く話し合えない>SNS上では最近、同じような境遇に置かれ、困惑する人の投稿が相次いでいる。身近な人はどう接すればいいのか。
欧米ではネットの陰謀論による家族の断絶が、すでに社会問題化している。当事者が情報交換する英文サイトには18万人以上が登録する。メディアでは心理学の知見を基にした対処法が紹介されている。
・・略・・
「どうすれば元の夫に戻ってくれるのか。何度考えても答えが出ず、しんどい」
8月のある夜、近況を打ち明けたのは東日本に住む40代の女性だった。
自営業の夫は数か月前から、「ワクチンを打ったらいけない」と書いたビラを近隣住民に配り始めた。
夫の母親が接種したと知ると興奮し、母親に「俺に近づくな」と叫びながら家具を投げつけたという。
夫は昨年まで地域活動に熱心で、地元で信頼されていた。子どもの行事があれば、応援に駆けつける父親だった。
涙声で語る女性。他の参加者はパソコンの画面越しに耳を傾け、何度もうなずく。
そして自身の体験を交えて話す。
「私も同じ。一人で抱え込まないで」「疲れたら少し距離を置いてもいいと思う」
この日の会は約3時間。解決の手がかりは簡単には見つからない。それでも女性は「少しだけ心が軽くなった」と語った。

一部を大きく取り上げて描いている。
いつもの戦法ですね。

合わない人とは合わなければいいただそれだけです。
それを誰かのせいにしている記事でもあります。
誰かのせいにしているうちは、双方解決しません。

冷静に考えたとき支配者は、なぜそこまで押し進めようとしているのか?
ワクワクティンティン摂取者 vs ノーワクワクティンティン者
こうやって二つを競わせて内紛かの目的もあることでしょう。
けど、ワクワクティンティン摂取後に人口が減っていくのですよね?


みんなになんとしてでも打てもらおうとありとゆる手を使い
ゴリゴリ推しです、、、

支配者さん側は、一つの矛盾点に氣がついていないですよね。
大衆心理をつかい、必死にワクワクティンティン
摂取で追い詰めようとすることでしょうが、
ほとんど人が、創造性をなくした人ですよ。
その人たちが生き延びても発展が見込めないのではないでしょうか。

そして、ワクワクティンティンを拒み生き延びた人が大半だった場合は、
自らが創造していき行動ができる人であふれます。
支配が要らなくなることを創造していくことをしますよ。
支配者さん側は「ムーンショット計画」やら「領土争い」やらで
世界の線引きをするのに必死に見受けられます。

宇宙霊(創造主)が作ったことに無駄がないのに
命で遊ぶと自分に返っていきます。因果応報です。

そのうち、石・木・空氣に名前をつけるつもりでしょうか?
人間のできる支配などたかが知れています。

だれしもが「裸で生まれ、裸で死んできます」領土を持って死ねますか?
いつかはマヤカシが効かないということを
支配者自身が、ビクビクしているように思います。
最近は自覚していて、揺らいでいるのではないでしょうか?

自分の目の前で全くそのような現象がなくなってきているので、
俯瞰してみることができます。
同じ世界にいるのに別の物語・世界をみているようです。
そんなことがあるのか〜
女性の発言で「少しだけ軽くなった」といいますが、
私は、毎日軽くなりすぎです。
愚痴を言ってスッキリするのは、2次的動機で1次的動機ではないからです。
とかなんとか妄想をしているのでした。

生かしていただいて有り難う御座います。

タイトルとURLをコピーしました