コロティンとワクワクティンティンの矛盾点を16個

妄想屋の今日の一言

今日は、1年半年のワクワクティンティンのいい加減さについて
見ていきます。
コロティンとワクワクティンティンの矛盾点をまとめてみます。

1.お偉いさんは会食!

2.国会議員は、コロティンを恐れていない?

3.中国の感染者が一定で止まる。

4.製薬会社・厚労省は、ワクワクティンティンを打たない!もしくは打っても、中身がわからない。

5.当初は、緊急事態なのにGOTOをだしたのに、その記事は消える。

6.症状が風邪と同じ?

7.ワクワクティンティンを打っても、感染する人がへらない

8.ワクワクティンティンは、打つ打たないのは自由なのに、打たないと叩いたりパスポートを発行

9.専門家の意見より政治家の意見

10.ワクワクティンティンは、自己免疫が落ちる 96%→24%

11.マスクの使用上の注意に、感染予防にならないと書いてある

12.武漢ではボコボコ倒れていたのに、街中で見かけたことがない

13.ビルちゃんや一定多数の人は、あらかじめ知っていた

14.ワクワクティンティンは、初めはアビガンをすすめていたが、どこへ?

15.マスメディアでは、ワクワクティンティンの副●用は、ほとんど報道しない

16.国が保証すると言って、税金を上げる口実にする

などなど見ていけば見ていくほど、矛盾だらけですた。

もう矛盾だらけなのですが、「緊急事態制限」と「Go To」の矛盾のように徐々に後で消えていくのでした。

とはいうものの、若い人は、マスメディアから情報収集していないので、
賢くなっているので、舵取りできにくくなっているのでした。

もう楽しくて、現実を遊んでいるのでした。
ははっは、煩悩に取り憑かれた人々により、推し進めば押し進めるほど、崩壊に向かうのでした。
抑えどころが分からなくなってきているのも身受け取れます。

それを明日書いていきます。

生かしていただいて 有難う御座います

タイトルとURLをコピーしました