案の定きた〜〜〜???本番は「サル痘」どれなんだシリーズ③はっっはっは

妄想屋の今日の一言

絶好調!ぶっちぎり!

気になるシリーズなのですが、その理由はあの予言者ビルゲイツ大先生がこんな事を言っているからなのでした。

で、「サルとう(天然痘)」が、流行だしているのでした。

アメリカやイギリスで感染が相次ぎ、他にも、スウェーデンやスペイン、ポルトガル、カナダなどにも拡がっています。

で、このサル痘(monkeypox)を調べてみるとかなり奴らにとって都合がいい、、、、

サル痘とは

サル痘ウイルス感染による急性発疹性疾患。サルに感染するとヒトの痘そう(天然痘)様の症状を呈する。ヒトに感染すると、重症例では臨床的に天然痘と区別できない。ヒトのサル痘 での致死率は1〜10%程度である。

写真1. 天然痘ウイルスの電子顕微鏡写真
(形態的にはサル痘ウイルス、天然痘ウイルス、ワクチニアウイルス等を相互に区別できない)

病原体
 ポックスウイルス科は、感染細胞の細胞質で増殖する巨大な二本鎖DNAを遺伝子に持つエンベロープウイルスで、脊椎動物に感染する。

DNA遺伝子「脊椎動物」に感染するとのことでした。

「ワクワク、ボロボロ」DNAにしたのは、そのためだったのかもれません、、、、

ただ、人から人への感染率は高くない。

で、急に日本ではマスクとっていい報道が流れだしました。

「喜んでいいぞ」と見せかけ、もう一度苦しる。

いつもの「掌返し・茶舞台返し」パターンが連想できるのでした。

で、かなり「Monkey Money」が動き出しているのでした。

発注をしているとのことでした。

今後の医療では「Key」になってきそうなのでした。

今度は、この画像を見かけるようになるかもしれません。

弱ったDNAに、丁度いい。

人口削減を流行り病のせいにすることができ、その原因とも一致するので覆い隠せる。

辻褄が合うので、紹介しておきます。

破壊があるということは、創造もある。

賢く、楽しく創造をバンバンしていく。

そうすると、なんにも恐れることはなくただ自分の半径で行動するだけなのでした。

日本から始まっているように思うのでした。

以上最後まで読んでいただき有難う御座います。

生かしていただいて 有難う御座います。

カテゴリー捕捉情報
応援・サポートをする

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
氣軽にクリエイターの支援と記事のオススメができます。

いただいたサポートは今後の活動資金(次世代に役立つこと、税金、同棲者への思いやり、自然との調和の生活創り、全国の波動の高いところの調査など)や、面白いブログを作るためのモチベーションとさせていただきます。

支援・サポートをする
メッセージを送る

    ライターのプロフィール

     

     

     

    ブログ歴2年、脱力系アルティメットブロガーです。

    嫁に食わせてもらっていた専業主夫から這い上がり、ブログと農業で生計を立てています。

    ゆくゆくは、アシカ村を作っていき予定です。

    現在は、7つのブログを運営中。世界一のブロガー。

    この「理想屋」では、主に世界情勢やお金、奴らをまとめています。

    ここから私の物語の第2幕が始まる。

    RECOMMED こちらの記事も人気です。
    2022年エコノミスト表紙を読み取ってみよう!これがわかれば怖くない!
    【要約】『強運の法則(西田文郎著)』!「情報」が手軽になった入るのにあなたは何を買う
    【陰謀論】なぜ人口削減をしたいのか?「universe 25」 実験
    2021年エコノミスト表紙から妄想をする
    【京都五芒星】結界 古代史探訪
    スポンサーリンク
    妄想屋
    タイトルとURLをコピーしました