【シリーズ①】こうして「テクノロジーと精神的魅力」の次なる時代へ!?はっっはっっはっは〜!

妄想屋の今日の一言

絶好調!ぶっちぎり!Hello Google.Thank you for much.

「ルーブルあげあげ↑」

ルーブルは、石油とガス、小麦を売っているのだから上がるのは当たり前。

制裁しているつもりが、民主主義側は、じわりじわり「食料危機」と「燃料」で痛ぶられ制裁されている。

おほほほほ!

「一体何のためなのでしょうか?」

「問題」を起こして「解決」が基本です。

そうこの「問題」は、「この画像」の人のせいにするつもりなのでした。

「963」は、逆「369」「アディオス」を意味するのでした。

これが「3回目のどんぱち」終焉。そちら側陣営は責任追求で一掃される?

だから、ルーブルが跳ね上がり?

その「2回目どんぱち」のハワイ役が今回「日本?」になりそうなのでした。

以前サイトに載せていあるのでした。

世界各地トラック!平和ボケ日本!「WW3」に巻き込むために動き出している!


2023以降東側は、日本がハワイ役になり「戦争」へそんなストーリーがチラつくのでした。

「誰に任せたら、こんな世界になったんだ」

「ババデン・ハハリハスだろ〜」となってきそうなのでした。

ここで「3回目のどんぱち」が、終わります。

日本は「3回目どんぱちから4回目どんぱち」は「中の国・露の国」になり、かなりの部分が更地へ?

ルーブルや金を買っておいても「敗戦国」に分け与えられると思いますか?

こうして、「怒り」が徐々に募っていく。

募った怒りと中の国も「一人っ子政策」のツケがくる。

今度は「4回目のどんぱち」に入っていきます。

こうして、また問題を起こすのでした。

どちらも基本変わりませんが、共産主義の方がより、ストレスが溜まるので、長くは持たない。

この期間をどうやってやり過ごすかが「日本人」の生命線になってくるように思うのでした。

だから、お金持ちさんたちは海外へ逃亡しているのですた。

どこへ行っても、同じことです。

結局は誰も、国民のことなど考えておらず「自分達の人口の調整」と「自分達の都合のいいデジタル」へ向けて「あらやそれやこれと」問題を起こし解決するだけなのでした。

もう、そんなの馬鹿馬鹿しい、国民1人ずつが信頼できる集団で集まっていけばいい。

そうすれば、そんなグループに頼る必要もなくなっていくのでした。

こんな馬鹿馬鹿しいゲーム「1ぬけぴー」

「楽しい違うゲームしーよっぴー」

こうして人類は、「テクノロジーと精神的魅力」の次なる時代を築きあげていくのでした。

地球が「そっちを選ばないとこの土地や自然を与えることはできません。人類はいりません」と言っているようなのでした。

またそれも小さな価値観に過ぎず、その時がくれば「臨場感のあるいい人生だったな。はっははは〜、お腹いっぱい満足」となるように思うのでした。

だから、「今」幸せなら、幸せなのですた。

どこへ行こうが「散る桜 残る桜も 散る桜」なのでした。

「ぽぽぽ〜絶好調!ぶっちぎり!」で楽しんでいきましょう。

どこへ行っても、今ある感情が全てで一部なのでした。

とかなんとか。

以上最後まで読んでいただき有難う御座位ます。

生かしていたただいて有難う御座位ます。

カテゴリー捕捉情報
応援・サポートをする

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
氣軽にクリエイターの支援と記事のオススメができます。

いただいたサポートは今後の活動資金(次世代に役立つこと、税金、同棲者への思いやり、自然との調和の生活創り、全国の波動の高いところの調査など)や、面白いブログを作るためのモチベーションとさせていただきます。

支援・サポートをする
メッセージを送る

    ライターのプロフィール

     

     

     

    ブログ歴2年、脱力系アルティメットブロガーです。

    嫁に食わせてもらっていた専業主夫から這い上がり、ブログと農業で生計を立てています。

    ゆくゆくは、アシカ村を作っていき予定です。

    現在は、7つのブログを運営中。世界一のブロガー。

    この「理想屋」では、主に世界情勢やお金、奴らをまとめています。

    ここから私の物語の第2幕が始まる。

    RECOMMED こちらの記事も人気です。
    2022年エコノミスト表紙を読み取ってみよう!これがわかれば怖くない!
    【要約】『強運の法則(西田文郎著)』!「情報」が手軽になった入るのにあなたは何を買う
    【陰謀論】なぜ人口削減をしたいのか?「universe 25」 実験
    2021年エコノミスト表紙から妄想をする
    【京都五芒星】結界 古代史探訪
    スポンサーリンク
    妄想屋
    タイトルとURLをコピーしました